Sound Project SIVA サウンドプロジェクトシヴァ / I’m sorry if I’ve burned you down.【ディストーション】

Sound Project SIVA サウンドプロジェクトシヴァ / I'm sorry if I've burned you down.【ディストーション】

大村美咲氏とのコラボレーションによるシグネチャーディストーションペダル!

「I’m sorry if I’ve burned you down.」はSound Project “SIVA”エンドーサー、大村美咲氏とのコラボレーションによるシグネチャーディストーションペダル。

​大村美咲氏がメインで使用している、シングルコイルP.U.を搭載したギターでも充分な歪みを得て、ギター本体のボリュームコントロールによる歪みの調整もでき、ピッキングニュアンスを活かした氏の流麗なリードプレイをより引き立たせるディストーションペダル。

歪みの深さを調整するGain、音量を調整するLevel、3バンドEQのTreble、Middle、Bassと、豊富なコントロールにより、細かい音作りが可能。

ミドルを思い切り削ったモダンなディストーションから、ミドルをあげて中音に厚みのあるクラシカルなディストーション、ベースを効かせたマフのような歪など設定幅の広い3バンドEQを活かし、シグネチャーモデルという枠を超えて様々なジャンルに対応した音作りに対応。

カラーバリエーションは情熱的な『Fire』とクールな『Ice』の2種類。

Sound Project SIVA サウンドプロジェクトシヴァ / I'm sorry if I've burned you down.【ディストーション】
Fire

Sound Project SIVA サウンドプロジェクトシヴァ / I'm sorry if I've burned you down.【ディストーション】
Ice

ビルダー小澤氏による本音の商品説明

思い返せば2018年のMusic Chinaをきっかけに大村美咲さんとのエンドース契約となり、せっかくSound Project “SIVA”の第1号エンドーサーとなってくれたからには何か特別なことをしてあげたいということで始めたディストーションペダルの開発。

もちろん美咲さんに使ってもらうからには、美咲さんが気に入ってくれなくては意味がない。名前だけ借りるなんて、美咲さんに申し訳ない。

そんなこんなで何回も試作品を作ってはビデオに撮って見てもらったり、試作品を実際に中国に送って試してもらったり、美咲さんが日本に来た時には一緒にスタジオでアレコレ試しながらテストを繰り返して・・・全てが懐かしい。

そうして約一年かけて完成したのがコレだ!!最終的にたどり着いたのは、意外と普通に使いやすいディストーション。美咲さんの好みに合わせてチューニングしてたらもっとピーキーなものになるかと思ったけど、『レーサー仕様のCRFを作っていたら、公道仕様のXRができてしまった』感じ。XRはカタログ落ちだから伝わりづらいかもしれないけど、そんな気分。

公道仕様が決して劣っているわけじゃないんだよ。むしろ、公道仕様って作る方はめちゃハードル高いから。誰でも安心して使えるもの。それってスゲーやん。ユーザーを選ばない懐の深さがないと、魅力的な公道仕様車にならないから。

まさに『I’m sorry if I’ve burned you down.』はみんなに勧められる、ハイレベルで魅力的な公道仕様のディストーション。

Sound Project SIVA サウンドプロジェクトシヴァ / I'm sorry if I've burned you down.【ディストーション】

イラストレーター紹介&イラスト解説

イラストレーター

ペンネーム : rezi

なんて事ない塗り絵師
_・)ノ

Pixivアカウントのプリフィールより抜粋。嘘つきだ。こんな素晴らしい作品を生み出せる方が『なんて事ない』わけがない。非常に嘘つきだい。

メイドさんやナースさんを描いて頂いたv-magさん同様、Sound Project “SIVA”の正式な立ち上げ前からreziさんのファンでした。とにかく画面がかっこいい!!女の子がかわいい!!パーフェクトだ、ウォルター!!

イラスト解説

イラストをお願いするときに美咲さんのステージでの写真を見ていただき、あのかっこいい美咲さんをイメージして描いていただきました。美咲さんのステージでの衣装やかっこよさから、美咲さんに対して私が持っているイメージって『魔女』なんです。めっちゃ強い感じの。そんな感じでイメージを膨らませて、こんな国宝級イラストが爆誕です。

モデルとなった美咲さんのかっこよさ強さと美しさ、reziさんの突き抜けた感性と技術の合体必殺技炸裂!!

ご購入はこちらから



特集記事でもご紹介!

<特集記事>日本ハンドメイドエフェクターの快進撃!

Sound Project SIVA
Sound Project “SIVA” (サウンドプロジェクトシヴァ)
Sound Project “SIVA” (サウンドプロジェクトシヴァ)は、北九州市の田舎でメガネショートカット巨乳党員の小澤 博が一人でこっそりとやっている、痛エフェクターブランド。​いいエフェクターとは、痛エフェクターである必要があるのです。機能が優れているのは当然として、足元にあるだけでテンションが上がるものでなくては、いいエフェクターと言えません。足元で可愛い女の子が微笑んでいるのを想像してみてください。テンション上がるやろ?そーゆーことっちゃ。
お探しのディストーションは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら