【2022年】プリアンプのおすすめ!人気ランキングもご紹介

プリアンプ

プリアンプはいつでもどこでも自分のギター・ベースサウンドを出すための強い見方!数あるギターエフェクター・ベースエフェクターの中からおすすめの「プリアンプ」をご紹介しています。

プリアンプとは?

プリアンプは、その名の通りアンプの機能や回路を基に設計されて生まれたエフェクターです。アンプの基本構造を大きく分けると、音色を作り出すための「プリアンプ回路」と音量を増幅させるための「パワーアンプ回路」に分かれます。その「プリアンプ回路」部分のみをペダルやラックサイズに抜き出したのがプリアンプエフェクターです。

レコーディングの際なども、直接ミキサーに接続して録音ができるプリアンプも多いため、大掛かりな機材を持ち運ぶ事なく、いつでもどこでも自分のギターサウンドを出す事ができるのが「プリアンプ エフェクター」の魅力です。

プリアンプ特集ページ

↑こちらのページではギター用のプリアンプにスポットを当てて、当サイトでも注目度の高いおすすめモデルを厳選してご紹介しています!

おすすめ!ギタープリアンプ特集を見る

ベース用プリアンプをお探しの方はこちら
参考 ベース用プリアンプの一覧

ECBのおすすめ「プリアンプ」

FlyingTeapot フライングティーポット / TubeFeeder with Ovaltoneアダプター【真空管プリアンプ】【ブースター/バッファー】

FlyingTeapot フライングティーポット / TubeFeeder【真空管プリアンプ】【ブースター/バッファー】

太くて温かみのあるチューブサウンドを!真空管のみで構成されたブースタープリアンプ。

FlyingTeapot「TubeFeeder」は様々な環境のシステムに追加するだけで、まるでチューブアンプのような太くて暖かみのあるリッチなサウンドをプラス!本物の真空管を搭載したブースタープリアンプです。

「プリアンプ」注目ランキング!

※ランキング順位は過去1カ月間のページ閲覧数を基準に決定しています。

「プリアンプ」エフェクターの一覧