エフェクターメルマガ配信中

E.W.S. イーダブリューエス / Subtle Volume Control(SVC)【ボリュームペダル】

E.W.S. イーダブリューエス / Subtle Volume Control(SVC)【ボリュームペダル】
スコット・ヘンダーソンのアイディアに基づき、E.W.S.(Engineering Work Store)との共同開発で誕生したディバイス。

E.W.S. SUBTLE VOLUME CONTROL (SVC)は、スコット・ヘンダーソンのアイディアに基づき、E.W.S.(Engineering Work Store)との共同開発で誕生したディバイスです。スコット・ヘンダーソンは、SVCをアンプのエフェクト・ループ間に接続して使用しています。

こうすることで、アンプのプリ・アンプ部までで設定したサウンドを変化させずに、音量のみをコントロールすることができます。あるいは、エフェクト・ボード内などに組み込んで、全体の音量をコントロールするためにご使用いただくのが一般的です。※SVCはエフェクターではありませんので、バッテリー等の電源は必要ありません。

IN (インプット・ジャック):アンプのエフェクト・ループSEND(センド)端子やエフェクターのアウト・プットからのケーブルを接続します。複数のエフェクターをお使いの場合には、その接続位置は演奏スタイルによって変更してください。OUT (アウトプット・ジャック)アンプのエフェクト・ループRETURN(リターン)端子や、別のエフェクターのインプット・ジャック、あるいはエフェクター・システムの最後に本品を設置する場合には、アンプのインプット・ジャックにケーブルを接続します。

このエフェクターを買うならこちらのショップがおすすめです!
ECB推薦!優良ショップ
サウンドハウスサウンドハウス
サウンドハウスは1994年よりPA音響機器、楽器、DJ・DTM機材などを、どこよりも「激安特価」で提供する全国通販サイト。2,000円以上購入で送料無料。安心の3年保証も。
サウンドハウスで買う
E.W.S.
E.W.S.Japanは2006年にPCI Japan内に設けたリペアサービス部門からスタート。同時にペダルの修理/改造も始め、ARION SCH-Z[CHORUS/VIBE] Mod、Wah Point-to-point Modを発売など、その時代のニーズに合わせたモディファイ等も進めてきました。2009年には更に幅広い要求に応えるべくオリジナルペダルも開発を始め、Fuzzy Drive, Brute Drive、LBDとギターペダルを中心に発表、近年はTri-logic Bass PreampやBMCなどベース用ペダルも人気を博し、多方面のミュージシャンのニーズに合ったものを開発し続けています。
お探しのボリュームペダルは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら