BOSS ボス / FV-30H Foot Volume 【ハイインピーダンス ボリュームペダル】

BOSS ボス / FV-30H Foot Volume 【ハイインピーダンス ボリュームペダル】

タフでコンパクトなボリューム・ペダルの新定番

スペース確保に苦労するペダルボード・システムへの組み込みにも最適な省スペース設計のボリューム・ペダルです。過酷なツアーや激しいステージでのパフォーマンスにも十分に耐えられる堅牢なボディは、アルミダイキャストを採用。プレイヤーの微妙なニュアンスをスムーズに伝えられる設計になっています。

コンパクトなサイズでも BOSS 伝統の信頼性と耐久性はもちろんそのままです。ハイ・インピーダンス用の FV-30H ではペダルで音をミュートした状態でもチューニングできるチューナー・アウトを装備。プロ・スペック・モデルとして長く愛用して頂ける 1 台です。

ボリュームペダルのインピーダンスについて

ボリュームペダルには「ハイインピーダンス」と「ローインピーダンス」の二つのモデルが存在します。

「ハイインピーダンス」とは、その名の通りインピーダンスが高いという意味。ハイインピーダンス仕様のボリュームペダルはすなわち「インピーダンスが高い信号を受けるため」のモデルとなります。

反対に、ローインピーダンス仕様のボリュームペダルは「ローインピーダンスの信号を受けるため」のボリュームペダルとなります。

ちなみにローインピーダンス仕様のボリュームペダルにハイインピーダンスの信号が流れてしまうと音質が激変してしまうので注意が必要です。

ギターのすぐ後はハイインピーダンス

エフェクターより前にボリュームペダルを繋ぐ場合。すなわちギターを直接ボリュームペダルに繋げる場合は、ハイインピーダンスモデルが適しています。

効果としては一番はじめにボリュームコントロールができるため、歪み系エフェクターなど、以降のエフェクターの掛かり具合をコントロールできたり、ディレイなどの残響を残したままボリュームを落としたい時にも有効です。

エフェクターの後ならローインピーダンス

エフェクターの後に設置する場合はローインピーダンスモデルが最適です。ハイの時とは反対に歪み系エフェクターなどのノイズをきっちりカットしたい場合や、ディレイなどの残響音も一気に消したい時にはこちらがおすすめです。

また、9V電池を利用するアクティブタイプのピックアップを搭載したギターやベース、シンセサイザーや電子ピアノなどもローインピーダンスとなりますので、こちらのモデルが最適となっています。

ローインピーダンス仕様のFV-30Lはこちら

BOSS ボス / FV-30L Foot Volume 【ローインピーダンス ボリュームペダル】

このエフェクターを買うならこちらのショップがおすすめです!
ECB推薦!優良ショップ
サウンドハウスサウンドハウス
サウンドハウスは1994年よりPA音響機器、楽器、DJ・DTM機材などを、どこよりも「激安特価」で提供する全国通販サイト。2,000円以上購入で送料無料。安心の3年保証も。
サウンドハウスで買う
BOSS
BOSS ボス
BOSS(ボス)のコンパクトエフェクターは全てダイカストボディを採用。耐久性が高く非常に頑強です。また国産メーカーということもあり修理やサポートも手厚く、初心者の方でも安心して使用することができます。さらに大きなペダル部分が電池ケースの蓋を兼ねているためにバッテリー交換もしやすく、スイッチとして踏みやすいのも特徴です。
お探しのボリュームペダルは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら