strymon ストライモン / VOLANTE【マグネティック・エコーマシン】【ディレイ】

strymon ストライモン / VOLANTE【マグネティック・エコーマシン】【ディレイ】

そのサウンドはまさに天空からの響き。

あなたのペダルボードにVOLANTEが新たな表現力を加えてくれます。

VOLANTEは、マグネティック・ドラムエコー、テープエコー、スタジオエコーの3タイプが可能なマルチヘッドディレイです。ルーパー機能やスプリング・リバーブも加え、そのサウンドはまさに天空からの響き。
無限のサウンドメイキングをお楽しみください。

VOLANTEは、過去に描かれた未来をモチーフにしたレトロフューチャーな世界を想像させるトーンを届けてくれます。アンビエントなエコーとオーガニックなフィードバック、わずかな歪みが、あなたが奏でる楽器を別の世界に誘います。

Strymonの類まれな高いサウンドクォリティーと直感的な操作性が、あなたのペダルボードを別次元へ導きます。VOLANTEは、マグネティック・ドラムエコー、テープエコー、スタジオエコーの3つのマルチヘッドディレイに、ルーパー機能とビンテージ・スプリング・リバーブを加え、リミットレスな可能性をパワフルに見せてくれます。

サウンドデザイン

マルチヘッド・マグネティプ・メディア・ディレイ:フィードバック、パン、レベルが再生ヘッドごとに設定できます。
プロセッサーの演算能力の限界に迫る複雑なアルゴリズムが、ビンテージ・マグネティックエコーシステム(ドラムエコー、テープエコー、スタジオオープンリールエコー)の細部&ニュワンスまで再現します。

エコーマシーンのトーンやメディアのコントロールも備えています。:Low Cut、 Mechanics、Wear入力録音レベルを搭載し、ピュアなクリーンサウンドからウォームで太いサチュレーション・サウンドまで設定できます。

・独立スプリング・リバーブ(Spring Reverb)を搭載
・サウンド-オン-サウンド(ループモード)に、リバース、ポーズ、スプライス、無限リピート機能を搭載

仕様

■イン、アウト、スイッチ

ハイインピーダンスステレオ入力
ステレオ出力
入力信号レベル切り替え(インストルメント、ライン)スイッチ
On、Favorite、Tap Tempoフットスイッチ
エクスプレッションペダル入力:エクスプレッションペダル、Tapペダル、1/4”→MIDIケーブル
※strymon MultiSwitch Plusが接続できます。
MIDI機能をフルサポートするMIDI in/out
MIDI via コンピューターがUSBから可能です。

■オーディオ

アナログドライ、ドライ信号はADAされません。
高品位JFET アナログ入力段デザイン
超低ノイズ設計、再高品位24-bit 96kHz A/D&D/Aコンバージョン
超高速演算DSP SHARC使用
32-bit浮動小数点処理
周波数特性:20Hz 〜 20kHz
オーディオ入力インピーダンス:1M Ohm
オーディオ入力インピーダンス:100 Ohm

■電源、その他

トゥルーバイパス(リレースイッチング)又はアナログ・バッファード・バイパス
軽量&頑丈アルミケース
9V DC アダプター同梱
消費電流: 300mA
ザイズ:114.3 mm x 177.3 mm x 44.5 mm

こちらもおすすめ!
このエフェクターを買うならこちらのショップがおすすめです!
ECB推薦!優良ショップ
サウンドハウスサウンドハウス
サウンドハウスは1994年よりPA音響機器、楽器、DJ・DTM機材などを、どこよりも「激安特価」で提供する全国通販サイト。2,000円以上購入で送料無料。安心の3年保証も。
サウンドハウスで買う
strymon
strymon/ストライモン
すべてのテクノロジーはプレイヤーのために。ダメージコントロールが新たに立ち上げたエフェクターブランド「strymon/ストライモン」。コンパクトボディにDSPチップを搭載した最新のデジタルデバイスでありながら、ビンテージアナログエフェクターの名機を彷彿させる人間味溢れるサウンドを出力します。
お探しのディレイは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら