抽選で自作エフェクターキットが当たる!>>

FREE THE TONE フリーザトーン / PHV-1 PHASE INVERTER【位相反転機器】【フェイズインバーター】

位相を制する者は音作りを制す!

FREE THE TONE「PHASE INVERTER/PHV-1」は、エフェクターやアンプの位相を反転させる機器です。 入力された信号の位相が正相の場合は逆相に、逆相の場合は正相に変換し出力します。

位相を操れる環境作りをすることは非常に重要です。位相の正相・逆相をコントロールすることで、音作りの幅が広がります。

例えば、伝統的な回路を持つワウペダルやコンプレッサー、ブースターなどは出力が逆相のものが多く、逆相を生かした音作りが多くみられます。一方、この逆相の出力を正相にしたほうが、良い結果を生むこともあります。音と音が重なるとき、位相の干渉があるため、正相が良い結果になるのか逆相が良い結果になるのか、試してみることが重要です。

音が引っ込む原因のひとつが、逆相によるものと分かっている場合、PHASE INVERTERを使用することで解決する可能性がアップします。特にドラムのキック音を基準に音を出すベーシストにとって、エフェクターの組み合わせによる正相と逆相の違いは、演奏上のストレスになります。

PHASE INVERTERをお持ちのエフェクターと組み合わせて使用することで、この問題を解決することができます。是非、位相の重要性を知っていただき、ワンランク上のサウンド構築にお役立てください。

PHASE INVERTERの使用例

エフェクターの位相を反転して使用する

アンプのセンドリターンを使用すると位相が反転してしまう場合、センドリターンに接続して使用する

アンプのチャンネル間で位相が異なる場合、スイッチャーなどと組み合わせて使用する

関連製品と組み合わせて使用する

» AUDIO ROUTING CONTROLLER / ARC-53M
PHV-1はARC-53Mと組み合わせて使用することができます。ARC-53Mのコントロール端子を使用し、プリセット毎に簡単に位相を反転させることができます。マニュアルで操作するラッチタイプのフットスイッチも使用可能です。(ARC-4には位相反転機能が搭載されています)

» PHASE ANALYZER / PHA-1
ご使用の機材(エフェクター、アンプ)の位相はPHASE ANALYZER/PHA-1で簡単にチェックすることができます。PHA-1は、2種類の位相測定モードを持ち、一般的なアナログエフェクターだけでなく、フェイザーやコーラス、ディレイなど遅延素子を使用したエフェクターや、AD/DAコンバーターやDSPなどを使用し、出力に遅延が発生するエフェクターなどの位相も測定することができます。

仕様

端子1/4インチ標準フォーン・ジャック×3(入力、出力、REMOTE)、DC9V入力ジャック(ACアダプター接続用)
コントロールINVERTER ON/OFFスイッチ、INPUT Z切替スイッチ(Hi-Z:1MΩ、Lo-Z:300kΩ)
電源DC9V ACアダプター(FA-0905D-JA 別売)
消費電流約60mA
サイズ93.5(W) x 54(D) x 35.5(H)mm (ノブやスイッチなどの突起物を含む)
重量約180g

<注意>本製品にはアダプターは付属しておりません。別途、ご用意ください

付属品:保証書、取扱説明書

ブランド詳細
Free The Tone
Free The Tone フリー・ザ・トーン
フリーザトーン(Free The Tone)は、Providenceブランドの開発・設計・生産の責任者として従事していた林幸宏氏が、自由な発想による革新的な開発・設計を目指し創業しました。機器の一部を取り扱うのではなく、音楽全体を捉え総合的なアプローチでシステムデザインを行っています。
お探しのアクセサリーは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら