LINEの友だち追加でクーポンゲット!!

Walrus Audio ウォルラスオーディオ / Julia V2【アナログコーラス】【ビブラート】

Walrus Audio ウォルラスオーディオ / Julia V2【アナログコーラス】【ビブラート】
美しく深みのあるサウンド、斬新なファンクション!フルアナログコーラス「JULIA」がV2へ。

Walrus Audio「JULIA」はフルアナログのコーラス/ビブラート・ペダルです。オーガニックな風景を描きだすような、リッチなアナログ・サウンドが特徴です。

またコントロールも個性的で、RateやDepthの他に、Lag(プリディレイ)、Dry-Chorus-Vibrato(ブレンド)、LFOウェーブ・シェイプなどをコントロール可能です。深みのあるアナログ・サウンドに加え、新しいサウンドの可能性をも探求できる、Walrus Audioらしいデザインを実現しています。

JULIAの機能面での最大の特徴は”Lag”コントロールです。LagノブではLFOエフェクト・モジュレートのプリディレイを調整でき、短く設定するとスムースでタイトなモジュレーション(フランジャー的なサウンドも)、長く設定すると深いモジュレーションが得られリッチなサウンドになります。

Lagノブの追加により、JULIAはトラディショナルなアナログ・コーラス/ビブラートの演奏表現に、新たなディメンションを追加する事に成功しています。

多くのモジュレーションペダルでは、コーラスとビブラートをスイッチやモードで切り替えるタイプのものが多い中、JULIAではドライ信号(左回し切り)~コーラス(真中)~ビブラート(右回し切り)のブレンド比率を無段階で可変できるようデザインされています。

ドライ位置~真中の間でノブを調整する事で、ドライ信号の比率が自在に調整できます。歪みペダルやE.ベースに使用する場合にも、最適なブレンド具合を調整できるため、自由度の高いコーラス・サウンドを追求できます。

また、同じく真中のノブ位置~右方向のビブラート・セッティングの調整では、コーラスからビブラート・エフェクトに変化していく中間的なサウンドが得られるため、今までに聴いたことのない様なコーラス/ビブラート・サウンドを演奏できます。

さらに、LFOウェーブ・フォームをサイン波、またはトライアングル波で変更できる”WAVEスイッチ”は、JULIAにさらなる揺れ方のバリエーションを加えられます。トライアングル波形(スイッチが下向き)ではシャープなコーラス効果を、サイン波形(スイッチが上向き)ではより大きな揺れ感を演出できるため、ビブラート的な効果に最適です。

その他、コーラス・ペダルの基本である Rateノブ(スピード)と、 Depthノブ(深さ)を装備しています。
深いラベンダー・カラーのエンクロージャーとサーフグリーンのインク、JULIAをイメージしたイラストが、神秘的で美しいアナログ・コーラス・サウンドに色彩を与えています。

仕様

・トゥルーバイパス仕様
・9V 30mA (ACアダプターのみ)
・12×7.4×5.8cmサイズ

※Juliaからの変更点
・ジャックがサイドから上部へ変更
・ソフトタイプのスイッチに変更
・筐体絵柄の更新

 
このエフェクターを買うならこちらのショップがおすすめです!
ECB推薦!優良ショップ
サウンドハウスサウンドハウス
サウンドハウスは1994年よりPA音響機器、楽器、DJ・DTM機材などを、どこよりも「激安特価」で提供する全国通販サイト。2,000円以上購入で送料無料。安心の3年保証も。
サウンドハウスで買う
ブランド詳細
Walrus Audio
Walrus Audio(ウォルラスオーディオ)
Walrus Audio(ウォルラスオーディオ)はサウンド・マニュピュレートにおける芸術とパフォーマンスの絶妙なバランスを追及し、アーティスト、音楽家、エンジニアに提供します。その研ぎ澄まされたサウンドは、瞬く間に全米、全世界の個性を求めるクリエイティブミュージシャンに広まっています。Walrus Audioは選ばれし、洗練されたサウンドのみを提唱します。
お探しのコーラスは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら