Two notes トゥーノーツ / Torpedo Captor X【ロードボックス/アッテネーター】【IRローダー】

Two notes トゥーノーツ / Torpedo Captor X【ロードボックス/アッテネーター】【IRローダー】
メールマガジン『エフェクターのことばかり!』 無料登録はこちら
Two notes トゥーノーツ / Torpedo Captor X【ロードボックス/アッテネーター】【IRローダー】

Torpedo Captorに、スピーカー・キャビネット・シミュレーターとIR機能を追加!

Two notes Torpedo Captor Xは、ロードボックス/アッテネーターであるTorpedo Captorに、スピーカー・キャビネット・シミュレーターとIR機能を加えたモデルです。更にエンハンサー|リバーブ|ツイントラッカーなどのエフェクトも搭載しています。パソコンやタブレットと繋ぐことで、キャビネット・シミュレーターやIR他を設定できます。本体のPRESETノブでは6個までプリセットを呼び出せます。MIDIコントローラーを使えば、それ以上のプリセット(128個まで)を瞬時に呼び出すこともできます。

特長

・ロードボックス(無音で使う)
本機は8Ωのリアクティブ・ロードボックスです。キャビネットを繋がなくとも真空管アンプを演奏できます。昼夜を問わず、自宅で好きな時間に録音できます。アンプを本機に繋ぐだけで、ヘッドホンやモニター・スピーカー等から、真空管アンプで演奏した音を聴くことができます。

アッテネーター(音を小さくする)

アッテネーターとして使うと、キャビネットからの音量を小さくできます。アッテネート・レベルは2段階です。ステージ(-20dB)や自宅(-38dB)で、真空管アンプを最高のサウンドのまま、小さな音量で鳴らせます。

バーチャル・キャビネット

Two notesが誇るリアルなスピーカー・シミュレート機能を使えます。本体内にあらかじめ32個のバーチャル・キャビネットがあります。更にマイクは全8本から最大2本を選んで好きな場所に設置できます。更にキャビが必要な方はTwo notesのサイトで別途ご購入いただけます。

IRを使う

本体内には、最大で512個のIRを読み込めます。IRの読み込みはパソコンのTorpedo Remoteアプリで行います。本機には、20 |40 | 100 | 200 ms のIR を読み込めます。それより長い場合は、Torpedo Remoteで設定した長さに短縮します。

XLR出力端子(L/R)

XLR端子はステレオ or デュアル・モノ出力を選べます。ステレオの場合はステレオ・リバーブやダブルトラック機能を使えます。デュアル・モノでは左右のXLR出力から異なる設定(EQ|REVERB DRY/WET)のサウンドを出力できます。

エフェクト

トーンに磨きをかけるため、ノイズゲート|EQ|エンハンサー|リバーブ|ツイン・トラッカーを搭載しています。詳細設定はパソコン|スマホ|タブレットのアプリから行います。ツイントラッカーはダブル・トラックを自動で行う機能で、二人で同時にプレイしたような厚みのあるサウンドにできます。本体にあるVOICINGノブは手元でトーンの最終調整ができる1バンドEQです。

パソコン|スマホ|タブレットで設定

スピーカー・シミュレート|エフェクト|IR、様々な設定をパソコン|スマホ|タブレットから行えます。専用アプリをインストールし、パソコンとはUSBで、スマホ|タブレットとはBluetoothで接続します。専用アプリ(Torpedo Remote)では、キャビを選びマイクを立て、エフェクトやレベルを設定し、プリセットを作り管理できます。またサードパーティ製IRを使いプリセットを作ることもできます。

MIDI対応

MIDIに対応し様々な機器でコントロールできます。PC:プログラム・チェンジ(プリセット切り替え)と、CC:コントロール・チェンジ(パラメーター変更)に対応しています。これにより、MIDIコントローラーなどで、本機の全てのパラメータを操作できます。ミニ・ジャック ⇒ 5ピンMIDIケーブル・アダプタが付属しています。

フロント・パネル

CLIP LED:グリル内のLED で入出力レベルを確認。
OUT LEVEL:ヘッドホンとXLR DI 出力のレベルを調節。
VOICING:全体のトーンを調整。
SPACE:リバーブの量を設定。
通気パネル:冷却用のスリット。
PHONES:ヘッドホン端子。
IN LEVEL:入力レベルを設定。
PRESET:プリセットを切り替え。

リア・パネル

POWER:電源端子
OUTPUTS:XLR DI出力端子
GND:グランド・スイッチ
ファン:冷却ファン
MIDI IN:MIDI端子
USB:USB端子
SPEAKER OUT:スピーカー・キャビネットに接続
VOLUME:スピーカー・キャビネットの音量を設定
SPEAKER IN:アンプ出力から接続(8 Ω最大100W RMS)

パソコンと連携

本機はパソコンと連携して使用できます。連携できるアプリは3種類です。
・Torpedo Wall of Sound
・Torpedo Remote
・Torpedo BlendIR
それぞれTwo notesのウェブ・サイトでダウンロードできます。ご使用環境に合ったものをお選びください。

スペック

スピーカー入力端子:6.35mm(1/4″)アンバランス(TS)
IN LEVELスイッチで入力感度を設定
HIGH:0 dB
LOW:-15 dB
ロードボックス・インピーダンス:8Ω
スピーカー出力端子:6.35mm(1/4″)アンバランス(TS)
左/右出力端子:XLRバランス
最大出力レベル:15 dBu @ 600Ω
ヘッドホン端子:6.35mm(1/4″)ステレオ(TRS)
MIDI入力端子:1/8″バランスTRS、1/8″ to MIDI変換ケーブル付属
USB端子:Micro USB Type B、Micro USB Type B to USB Type A変換ケーブル付属
ADC/DAC:サンプリング周波数:96 kHz、解像度:24ビット
周波数特性:30 Hz~19 kHz
最小レイテンシー:2.2 ms(ライン入力 to ライン出力)
THD+N:0.03%(IN LEVEL 0 dB、正弦波1 kHz 4 dBu)
S/N比:95 dB
電源:AC100~240 V、出力:DC12 V @ 1A
寸法:128W×175D×64H mm
重量:1.3 kg

ご購入はこちらから
ブランド名:Two Notes
カテゴリー:アンプシミュレーター
参考市場価格:¥74,800 (2020/08/04 22:40:34時点 Amazon調べ-詳細)
このエフェクターを買うならこちらのショップがおすすめです!
ECB推薦!優良ショップ
サウンドハウスサウンドハウス
サウンドハウスは1994年よりPA音響機器、楽器、DJ・DTM機材などを、どこよりも「激安特価」で提供する全国通販サイト。2,000円以上購入で送料無料。安心の3年保証も。
サウンドハウスで買う
Amazonで探す
Amazonで探す
楽天市場で探す
楽天市場で探す
Yahoo!で探す
Yahoo!で探す
※掲載の価格は参考値となります。実際の販売価格はリンク先の各ショップにてご確認いただきますようお願いいたします。
Two Notesの一覧を見る
お探しのアンプシミュレーターは見つかりましたか?
人気のアンプシミュレーターを見る
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら
このページをSNSでみんなにシェア
[PR]

このページを見た人はこちらのエフェクターもチェックしています

'
おすすめページ
人気のエフェクターブランド
エフェクターブランド一覧はこちら
エフェクターの種類から探す
歪み系
モジュレーション系
空間系(残響系)
フィルター系
ダイナミクス系
マルチエフェクター
アンプ系
ハーモニー系
ボリューム系
回路系
その他エフェクター
楽器別エフェクター
アクセサリー・その他

アンプシミュレーターカテゴリの新掲載エフェクター