the King of Gear (tkog) ザ・キング・オブ・ギア / OXFORD DRIVE オックスフォード・ドライブ【ディストーション】

the King of Gear (tkog) ザ・キング・オブ・ギア / OXFORD DRIVE オックスフォード・ドライブ【ディストーション】
メールマガジン『エフェクターのことばかり!』 無料登録はこちら

Radioheadの機材データベースサイト「the King of Gear(tkog)」によってデザインされたハイゲイン・ディストーション!

現代に蘇る90sオルタナティブ・ロック・スピリット。伝説の”Marshall Shred Master”サウンドを受け継ぐディストーション。

OXFORD DRIVE(オックスフォード・ドライブ)はRadiohead(レディオヘッド)の機材データベースサイト「the King of Gear(tkog)」によってデザインされたハイゲイン・ディストーション・エフェクターです。

OXFORD DRIVEは数々のオルタナティブ系アーティストが愛したUKのシュレッドスタイルなハイゲインペダル「Marshall Shred Master(マーシャル シュレッド マスター)」からインスパイアされ、開発されました。

オリジナルが持つジューシーな中域、そして壁のように迫る圧倒的なドライブトーンを完全再現するだけでなく、モダンなシーンにフィットするよう機能を拡張しています。
モア・ゲイン、モア・ボリューム、EQのチューニング、トゥルーバイパスなど現代的な機能を搭載。

オリジナルには無いボーナスとして”LEDクリッピングモード”を追加。Guv’norスタイルのサウンドも楽しめます。

薄暗いステージ、幽玄でインテリジェンスなギタリストがテレキャスターを掻きむしる様子が浮かんでくる。Jonny Greenwood(ジョニー・グリーンウッド)、トム・ヨーク(Thom Yorke)。90sオルタナティブ・ロックの「あのギターサウンド」が現代に蘇ります。

コントロール

OXFORD DRIVEは Radiohead も愛用した伝説のドライブペダル Marshall Shred Master をベースに更にトーンを拡張しています。

BASS

サウンドの低域を調整します

CONTOUR

コンツァー(輪郭)コントロールです。midコントロールではありません。trebleとmidフリーケンシーを調整し、ペダル全体のEQシェイプを変化させます。左に回すとミドルを強調しトレブルを減少させます。右に回すと中域をスクープしトレブルを強調します

TREBLE

サウンドの高域を調整します。TREBLEのコントロールはCONTOURのポジションにより大きく変わるので、CONTOURと共に調整することを推奨します

GAIN

ディストーション量を調整します。オリジナルのShred Masterの最大ゲインは4時になります。オリジナルよりハイゲインな設定も可能です

VOLUME

ペダルの音量を調整します。通常ユニティボリュームは12時ですが、セッティングとクリッピングモードにより異なります。オリジナルよりも遥かに巨大なブーストが可能なため、特にLEDクリッピングモードでは音量に注意してください

クリッピングダイオードスイッチ

スイッチが右のポジションで、スタンダードなダイオードクリッピングになります。圧縮感の強いShred Masterスタイルのディストーションサウンドです。スイッチが左でMarshall Guv’norからインスパイアされたLEDクリッピングモードになります。ダイオードクリッピングに比べてよりオープンかつワイドなドライブサウンドになり、ボリュームも増加します。

「マーシャル・シュレッドマスター」とは?

1989年、Marshall社は初のドライブペダルThe Guv’norを発表しました。その後1992年に後継機種としてBlues Breaker, Drive Master, Shred Masterの3つのドライブペダルを発売。「家庭用の小型アンプでもJCM800のドライブが出せる」との触れ込みで発売されたShred Masterは、3兄弟の中でも最もラウドでオーバー・ザ・トップに歪むトーンを持っていました。

Shred Master(シュレッド マスター)はその名の通りハードロックやメタルのリフを「刻む」目的で作られたペダルでしたが、それよりもオルタナティブ・ロック系アーティストの使用により脚光を浴びるようになります。

RadioheadはThe Bends ~ OK Computer期にShred Masterを愛用し、トム・ヨーク、ジョニー・グリーンウッド、エド・オブライエンの3人が同時にペダルボードへセットしていたこともあります。Radioheadの”Just”や”Airbag”といった楽曲ではShred Masterの唸るような咆哮を聴く事ができます。

またMy Bloody Valentineのケヴィン・シールズによる、壁のようなレイヤーが特徴的な轟音シューゲイズサウンドを支えたのもShred Masterでした。他にもBlurのアレックス・ジェームスは”Song2″の印象的なベースラインで使用してアイコニックなサウンドを生み出しています。

Shred Masterはその後生産が終了すると、ユーズドがプレミア価格で取引されるようになります。90年代のオルタナティブロック、シューゲイザー、グランジ、パンク、エモなどインディーミュージックシーンを語るには避けて通れない、まさに歴史的に重要なペダルの一つと言えるでしょう。

仕様

・OXFORD DRIVEはスタンダードな9VDCセンターマイナスのパワーサプライで動作します。消費電力は8mAです。電池は使用できません。デイジーチェーンのパワーサプライでも動作しますが、不要なノイズを避けるためアイソレートまたは独立したパワーサプライの使用を推奨します。

・トゥルーバイパス

・ペダルボードフレンドリーなトップマウントのインプット/アウトプットジャックを採用しています。

レディオヘッド・サウンドにはこちらの一台も!

the King of Gear (tkog) ザ・キング・オブ・ギア / MINI GLITCH Randomized Stutter Loop【ランダマイズグリッチ スタッター】【ルーパー】

■おすすめ通販サーチ
  • Amazon
  • 楽天(新品)
  • 楽天(中古)
  • yahoo!
※こちらのエフェクターはAmazonサーチでは見つかりませんでした。直接Amazon.co.jpでお探しいただくか、楽天、Yahoo!のタブもチェックしてみてください。
¥24,200(送料込)
ショップ:MUSICLAND KEY -楽器-
¥24,200(送料別)
ショップ:池部楽器店 ロックハウス池袋
※サーチ結果にはシステム上、違うエフェクターが表示される場合があります。あらかじめご了承ください。
楽天ウェブサービスセンター
※こちらのエフェクターは楽天中古サーチでは見つかりませんでした。
Yahoo!サーチは只今準備中です。
the King of Gear
Radiohead(レディオヘッド)の機材データベースサイト「the King of Gear(tKoG)」によって開発される偏愛的かつユニークなエフェクトペダルブランド。圧倒的な資料とデータを蓄積、長年にわたってRadioheadのサウンドメイクを研究し、各曲のサウンドを再現すていくうちに、遂にはオリジナルペダルの開発にまで発展していったというレアな経歴を持つ。徹底的な90sオルタナティブ・ロック・スピリットを基本にしながらも、さらに新しいトーンやユーザビリティを追求するハンドメイド・ギターペダルブランドだ。
the King of Gearの一覧を見る
お探しのディストーションは見つかりましたか?
人気のディストーションを見る
皆さまの声を聴かせてください!

このエフェクターが気になる!欲しい!買ったよ!という方はぜひぜひTwitterで感想をツイートお願いいたします!

※ツイート検索用に利用しますので、シェアボックス内の「@effectorbox」は削除しないようお願いいたします。
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら

ディストーションカテゴリの最新記事