Paul Cochrane ポールコクレーン / Timmy Overdrive【オーバードライブ】

Paul Cochrane ポールコクレーン / Timmy Overdrive【オーバードライブ】

トランスペアレント系オーバードライブの元祖、そして最高峰として君臨する珠玉の逸品

極めて原音に忠実でレスポンスの良いオーバードライブ・サウンド。調整するのが楽しくなる気の利いたトーン・コントロール。「Timmy Overdrive」は所謂トランスペアレント系オーバードライブの元祖、そして最高峰として君臨する珠玉の逸品だ。

アメリカのアンプデザイナーであるポール・コクレーン氏の手により、アンプ本来の良さを最大限発揮できるように設計された「Timmy Overdrive」。ナチュラルでキメの細かいオーバードライブ・サウンドは、アンプやギターのキャラクターに余分な色付けをする事無く、歪みを加える事が可能となっている。

トーンコントロールを楽しくさせてくれるカットスタイルEQ

コントロールはVolume, Gain, Treble, BassにモードセレクターSWひとつと非常にシンプルだが、注目すべきはEQ部分。TrebleとBassの2バンドEQが一般的なエフェクターやアンプとは反対のカットスタイルになっている。すなわちカットは出来てもブーストは出来ないのである。

ゼロの位置がフラットな状態で時計まわりにまわしていくとカット・フィルターがかかっていく。当初は戸惑うかもしれないが、慣れるとこの使い勝手の良さに気づくだろう。
さらにこの2バンドEQを配置する場所をGainの後ろに回すことにより、ナチュラルなトーン変化になるよう設計されているのも見逃せない。

モードを選択するディップスイッチではクリッピング回路の選択ができ、歪みおよびコンプレッションのかかり具合を選択できるようになっている。

Voice Of Stomper

ギターアンプが本来持っている味わいをそのままに、自分だけのサウンドメイクを楽しむことができる「Timmy Overdrive」。あなたのオーバードライブコレクションの中に是非加えてほしい一台だ。

オーバードライブおすすめランキングにも掲載中!

オーバードライブ人気TOP10「おすすめエフェクター ランキング 2019」

皆さまの声を聴かせてください!

このエフェクターが気になる!欲しい!買ったよ!という方はぜひぜひTwitterで感想をツイートお願いいたします!どんな内容でもOK。ツイートはこちらのページやメルマガでもご紹介させていただきます〜

※ツイート検索用に利用しますので、シェアボックス内の「@effectorbox」は削除しないようお願いいたします。
Paul Cochraneのエフェクター一覧を見る
おすすめのオーバードライブを見る
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら

オーバードライブカテゴリの最新記事