Electro Harmonix エレクトロハーモニクス / BASS 9 Bass Machine【ギター用 ベースマシン / オクターバー】

Electro Harmonix エレクトロハーモニクス / BASS 9 Bass Machine【ギター用 ベースマシン / オクターバー】

ギターサウンドが異なる9つのベースサウンドに変身!

BASS 9 Bass Machine は特別なピックアップや MIDI、改造を必要とせずに、ギターサウンドを異なる9つのベースサウンドに変身させます。

好評を博した MEL9 Tape Replay Machine を始めとする9シリーズに採用されたテクノロジーが BASS 9 にも使用されています。

また、同テクノロジーを活用しているだけでなく、BASS9 には優れたダイナミックスとトラッキングを維持しまま1から2オクターブ下に置き換える、新しいアルゴリズムも搭載しました。

選択可能なサウンド

ロータリスイッチを使用して、下記サウンドから好みのサウンドを選択可能です。

PRECISION: 象徴的な FenderR P Bass に敬意を表したサウンド

LONGHORN: DanelectroR 6弦ベースをエミュレートしたサウンドで、バリトンタイプのトーンに最適

FRETLESS: エレキフレットレスベースやライトアップスベース風サウンド

SYNTH: クラシックな TaurusR シンセサイザーへのトリビュートサウンド

VIRTUAL: このモードでは、収録されている様々なベースサウンドのベースのボディ厚とネックの長さを調節可能

BOWED: クラシックなボウドベース(コントラバス/ウッドベース)風サウンド

SPLIT BASS: ギターの低音弦(F3#以下)を使用して、ギターでベースサウンドを奏でることができます。それと同時にギターの高音弦を使用してコーラスやメロディーをつけることが可能です。

3:03: RolandR TB-303 ビンテージシンセサイザーに敬意を表し、ポリフォニックに対応させたモード

FLIP-FLOP: electro-harmonix Octave Multiplexer にインスパイアされ、トラックの不具合を解消した70年代の理論に基づいたサブオクターブジェネレーターを再現します。

多彩なコントロール

BASS 9 には、Effect と Dry の独立したボリュームコントロールが搭載されており、EEFFECT OUTPUT ジャックで正確にミックスバランスを調整できます。DRY OUTPUT ジャックからは、常時ユニティゲインのドライ音が出力されます。

CTRL 1 と 2 は9つのプログラムそれぞれの特定パラメーターを調節するよう設計されています。例えば、PRECISION の場合、CTRL 1 はサブオクターブをコントロールし、CTRL 2 はもともとの楽器トーンを再現します。

サイズ 94 mm (w) x 120 mm (d) x 55 mm (h)

■おすすめ通販サーチ
  • Amazon
  • 楽天(新品)
  • 楽天(中古)
  • yahoo!
※サーチ結果にはシステム上、違うエフェクターが表示される場合があります。あらかじめご了承ください。
※こちらのエフェクターは楽天サーチでは見つかりませんでした。
※こちらのエフェクターは楽天中古サーチでは見つかりませんでした。
yahoo!サーチは只今準備中です
皆さまの声を聴かせてください!

このエフェクターが気になる!欲しい!買ったよ!という方はぜひぜひTwitterで感想をツイートお願いいたします!どんな内容でもOK。ツイートはこちらのページやメルマガでもご紹介させていただきます〜

※ツイート検索用に利用しますので、シェアボックス内の「@effectorbox」は削除しないようお願いいたします。
Electro Harmonix
1968年にマイク・マシューズにより創設されたペダルエフェクターの名門メーカー「Electro Harmonix/エレクトロハーモニクス」。1970年代に歴史的名機BIG MUFFをリリースしたことで一気に知名度を上げました。ROCKの歴史とともに歩み続け、常にミュージシャンの視点に立った商品の開発を続けています。
Electro Harmonixのエフェクター一覧を見る
おすすめのオクターブを見る
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら

オクターブカテゴリの最新記事