MENU

種類から探す

\ECB山中です/

<おかげさまで10周年!>
世界のエフェクターが大集合!!エフェクター専門サイト 『EFFECTOR COLLECTION BOX』 は音楽と楽器、エフェクターを愛する人々が集まる場所。そしてStomper(エフェクター好きの人たち)がワクワクするウェブサービスを目指して日々更新をしています!
プロフィールをもっと見る>>

無料メルマガ『エフェクターのことばかり!

D.N.effects ディーエヌエフェクツ / HERZ【オーバードライブ】

D.N.effects ディーエヌエフェクツ / HERZ【オーバードライブ】

まるで心臓が鼓動し脈打つようなサウンドがコンセプト!

D.N.effects「Herz」は心臓という意味を持ち、まるで心臓が鼓動し脈打つようなサウンドをコンセプトに設計されました。

Herzは今までのオーバードライブペダルとは異なった設計がされています。
シンプルな設計でありながらパワー管をドライブさせたようなパワフルなサウンドからゲインを下げると繊細なクランチサウンドまで幅い広いサウンドメイクが可能。

内部で12.5V付近まで電圧を上昇させ、このエフェクターの最大音量をエフェクターにおけるデフォルト電源9V入力のみで得られます。

ゲインポットの可変幅は非常に大きくゼロでクランチ、フルテンにすると相当量のゲインを稼ぐことが可能です。

4ノブ構成であり非常にシンプルで直観的な操作性が可能です。トーンは2種類あり、通常のToneと倍音・高域調整のOverToneを搭載。より細かいレベルでトーン調整が可能。

一度弾き込むと癖になるエフェクターに仕上がっています!

内部構成

・本体真ん中に搭載してあるメインICがこのエフェクターのサウンドの大部分を構成しています。

・カップリングコンデンサ―には真空管アンプにも採用されてあるMallory 150’sを搭載。

・基板のパターンは可能な限り太く、厚さ70μmの銅箔を使用し伝導率を向上。

・トーンは2種類あり、通常Toneと倍音・高域調整のOverToneを搭載。Toneをより細かいレベルで調整可能。

・電源回路には電源ノイズ除去の能力に優れた”導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ(OS-CON)”を使用。

・全体的な出音バランスを整えるため、内部回路部品の一部にはオーディオ用の部品を使用し独自のチューニングを施しています。

D.N.effects ディーエヌエフェクツ / HERZ【オーバードライブ】

マーブルペイント

「Herz」は心臓という意味を持ち、心臓が鼓動し脈打つようなサウンドをコンセプトに設計されています。

採用されている塗装は特殊なマーブルペイントであり、塗料や溶剤の配合を細かく調整。

何度も試行錯誤し「心臓」をイメージした塗装に仕上げています。本体上面はマーブルペイントで覆われ、側面は本体上面から流れ出した塗料をそのままにし塗装工程のリアルさを追求。

D.N.effects ディーエヌエフェクツ / HERZ【オーバードライブ】

仕様

・ケース : アルミダイキャスト(60×112×31mm)
・インジケータ : 高輝度LED 青
・ノブ : GAIN LEVEL TONE OVERTONE
・バイパス方式 : トゥルーバイパス
・電源 : DC9V〜9.6V センターマイナス2.1mm(電池駆動不可)

*出荷前に出力電圧、バイアスなど品質チェックを全て行い出荷致します。

ご購入はこちらから


特集記事でもご紹介!

<特集記事>日本ハンドメイドエフェクターの快進撃!

D.N.Effects
D.N.effects(ディーエヌエフェクツ)
大阪にてハンドメイドのエフェクターを製作しているD.N.Effects(ディーエヌエフェクツ)。オーバードライブやファズペダルの他にもBOSSのモデファイシリーズなども販売しており、いずれも独自のレリック加工と特殊マーブル塗装が特徴的です。演者個性をより引き出し、演者が求めている音をアンプとギター以外で創造するのがエフェクターの役目という理念のもと、ステージで戦うプレイヤーをアシストできるようなペダル作りを目指しています。
お探しのオーバードライブは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら