ギター・マガジン 2019年 6月号 (特集:チューブスクリーマー40年史/スティーヴィー・レイ・ヴォーン) 【書籍】

ギター・マガジン 2019年 6月号 (特集:チューブスクリーマー40年史/スティーヴィー・レイ・ヴォーン) 【書籍】
メールマガジン『エフェクターのことばかり!』 無料登録はこちら

特集:チューブスクリーマー40年史

1979年に生まれた、
国産オーバードライブの旅路。

チューブスクリーマー……よもやこの名前を知らないギタリストなどいるはずもないだろう。言わずもがなオーバードライブ・ペダルの代表格であり、通称である“TS”は単なる型番を超え、ひとつのサウンド傾向の“完成形”を意味する重要なキーワードともなっている。そんなTSは1979年に生まれ、今年で何と40周年。というわけで、この愛すべき緑の小箱が歩んだ長い旅路、そして未来について、皆でケンケンガクガクと語り合おうではないか。

■ビンテージTSギャラリー
1979年に初代チューブスクリーマー、TS808が発売されてから今年で40周年。エフェクターの中でも特に長い歴史を持ったモデルであり、今やオーバードライブの世界的スタンダードとなっていることはギタリストならば誰もが知るところ。しかしそれは1台のTSだけによるものではなく、幾度もの世代交代をくり返して作られた歴史であることはご存知だろうか? 本コーナーでは元祖であるTS808から、最後のナンバリング・モデルであるTS7まで、“チューブスクリーマー40年史”の中心を成す6台のチューブスクリーマーを紹介していきたい。

■Ibanez開発担当者に聞くTS秘話

■現行チューブスクリーマーのすべて
オーバードライブの世界的スタンダードとして誰もが知るチューブスクリーマーは、その40年の歴史の中で多くの派生モデルが誕生し、現在は“TSファミリー”と呼べるほど多くのラインナップが展開されている。本コーナーではリイシュー版のTS9やTS808といった伝統的モデルから、TS808HWやNTSといったハイエンドTS、そして今年発表されたばかりの注目モデル=TSV808まで、現行チューブスクリーマー・シリーズ全9モデルを一挙に紹介。ぜひ自分好みの1台を見つけてほしい!

■TS試奏三つ巴! 最新2モデルをTS808と弾き比べ(by真壁陽平)
伝統的なTSサウンドは多くのギタリストが知るところだが、対して最新のTSはどんなサウンドに進化しているのか、気になる人も多いだろう。そこで本コーナーではもっともスタンダードなチューブスクリーマーであるTS808、2018年にリリースされたNutube搭載モデル=NTS、今年発表されたばかりのアイバニーズ×VEMURAMのコラボ・モデル=TSV808の3台を弾き比べ! 試奏者は腕利きのギタリストであり日頃からTSを愛用する真壁陽平だ。最新モデルの実力、そして元祖TSの底力やいかに?

■Ibanez×VEMURAM対談
今年1月に開催されたThe NAMM Showで、世界中のエフェクター・ファンが驚くコラボレーションが発表された。そう、アイバニーズとVEMURAMが共同開発した、TSV808である。チューブスクリーマーが持つ芳醇なミッドの香りとVEMURAMの代表機種=Jan Rayが得意とするヘッドルームの高さを同居する、奇跡の1台が誕生したのだ。ここではアイバニーズから小林巨直、VEMURAMから手塚大哉、本機の開発を担当したふたりの対談をお送りしよう。

■チューブスクリーマーの真価を探れ! (村田善行×GM田中)
オーバードライブの大定番モデルとしてギタリストならば誰もが知るチューブスクリーマー。プロ/アマ問わず現在もさまざまなペダル・ボードに組み込まれる不朽の名品だが、一体なぜこれほどまでの支持を得るに至ったのだろうか? また、その実力を最大限に引き出すにはどんなセッティングがベストなのか? というわけで、編集部は屈指のギター機材マニア、村田善行氏のもとを訪問! 名手たちのTSセッティングや村田流使いこなし術を聞きつつ、その魅力に改めて迫っていこう。

■プロ9人の愛機を徹底調査! 俺とTS。
ビンテージから現行品まで、さまざまなチューブスクリーマーを紹介してきたが、実際にプロ・ギタリストはどのような使い方をしているのだろうか? 気になった編集部は、普段からTSを愛するプロ・ギタリスト9人に突撃取材! 本人愛用の実機を持ってきてもらい、その魅力と使い方についてじっくりと語ってもらった。すでにTSを持っているギタリストも、これからTSデビューというギタリストも必見のコーナー!!

荒井岳史(the band apart)
奥田民生
小野武正(KEYTALK)
菅原慎一(シャムキャッツ)
TAKU(韻シスト)
玉置周啓(MONO NO AWARE)
林宏敏
古市コータロー(THE COLLECTORS)
増子真二(DMBQ)

■特別付録
スティーヴィー・レイ・ヴォーン評伝:不朽の音

■INTERVIEW & GEAR
・フジイケンジ(The Birthday)
・安部勇磨×阿南智史(never young beach)
・TAIKING(Suchmos)
・ショーン・レノン
・小倉博和

■INTERVIEW
・松本孝弘(B’z)

■GM SELECTIONS(※電子版には収録されておりません)
・「テスティファイ」スティーヴィー・レイ・ヴォーン
・「グラヴィティ」ジョン・メイヤー

■PICK UP
・ギタリストにもオススメの小型ベース TINY BOY BASS
・コスパ抜群のワイヤレス SeideのTDWシリーズ!

■新連載
・アンプがないとね、音は出んのだよ。 第1回/柳沢進太郎(go!go!vanillas)

■連載
・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
・AROMA 黒汁ギタリストのイラスト連載
・ジャキーン! ~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
・横山健の続・Sweet Little Blues
・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から
・ギターを思いっきり弾けるプライベート・スタジオ

■NEW PRODUCTS REVIEW
・FENDER/MADE IN JAPAN HYBRID 50s STRATOCASTER HSS
・GIBSON/LES PAUL STANDARD ’50s
・GRETSCH/G6129T PLAYERS EDITION JET FT
・IBANEZ/ATZ100-SBT
・JHS PEDALS/THE CLOVER
・ZOOM/GCE-3

お探しの書籍は見つかりましたか?
人気の書籍を見る
皆さまの声を聴かせてください!

このエフェクターが気になる!欲しい!買ったよ!という方はぜひぜひTwitterで感想をツイートお願いいたします!

※ツイート検索用に利用しますので、シェアボックス内の「@effectorbox」は削除しないようお願いいたします。
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら
人気のエフェクターブランド
エフェクターブランド一覧はこちら
エフェクターの種類から探す
歪み系
モジュレーション系
空間系(残響系)
フィルター系
ダイナミクス系
マルチエフェクター
アンプ系
ハーモニー系
ボリューム系
回路系
その他エフェクター
楽器別エフェクター
アクセサリー・その他

書籍カテゴリの最新記事