3Leaf Audio スリーリーフ オーディオ / Proton【ベース用オートワウ】【エンヴェロープフィルター】

伝説のヴィンテージエンヴェロープフィルター「Mutron III」を現代の使用感に合わせて制作。

3Leaf Audio「Proton」は、伝説のヴィンテージエンヴェロープフィルター「Mutron III」を現代の使用感に合わせて制作。コンパクトで使いやすく、あの音を作る驚異的なペダルです。

光学的に制御されるアナログエンヴェロープフィルターで、回路を完全に再設計しました。
全くあたらしいトラッキング回路と扱いやすいコントロールが、1970年代のクラシックなフィルターサウンドだけでなく、さらにそれを大きく超えるサウンドレンジを備えています。

また、Rangeスイッチにより、さらに深いフィルタースウィープが可能となりました。
新たに調整されたToneコントロールにより、半止めワウサウンドからレーザービームのようなトーンまで、様々なサウンドをカバーします。

70年代のファンク・ソウルミュージックサウンドとMutron IIIは切っても切れない関係にあります。
しかし、Mutronのサウンドを得るためには、様々な問題がありました。

巨大な専用アダプター、センシティブ過ぎるコントロールや、ON/OFFで音量が変わってしまうところ、そして、オリジナルモデルの希少性と高い人気による価格の高騰・・・。

3Leaf AudioのProtonはヴィンテージMutronサウンドを実現しながら、さらに数々の障害を取り除くことに成功したエンヴェロープフィルターです。
一般的なセンターマイナスDC9パワーサプライで動作し、ONにしても音量が変わることもありません。そして、なによりもファンキーなサウンドを実現しています。

シンプルなコントロールレイアウトを採用し、音作りも迷い無く、簡単にあのサウンドを作ることができます。

コントロール

Response:プレイングダイナミクスに対するフィルターのレスポンスを調整します。最初はまずこのコントロールを最小に設定し、そこから少しずつ上げていって機材に合わせたポイントを見つけてみましょう。

Peak:フィルターサウンドの“ウェットネス”を調整します。高く設定するとアグレッシブなスウィープとシャープなレスポンスピークとなります。

Decay:フィルタースウィープの長さを調整します。高く設定するとフィルターがゆっくりと動き、ナチュラルなエンヴェロープサウンドとなります。低く設定するとフィルターが素早く動き、“バブリー”なサウンドとなります。

Tone:フィルター周波数の最大カットオフを設定します。ギターやベースのトーンノブのように使うことができ、高く設定すればトレブルが、低く設定すればローが強調されます。

Sweepスイッチ:フィルタースウィープの方向を切替えます。アップポジションではノーマルなスウィープ、ダウンポジションではリバーススウィープとなります。このスイッチを切替えた時、GainとDecayで音色を再調整してください。

Rangeスイッチ:フィルターのかかりの深さを切り替えます。

フットスイッチ:リレースイッチを使用したサイレントトゥルーバイパススイッチです。演奏中、電源供給が止まると自動的にバイパスされます。

仕様

サイズ:64 x 118 mm

3Leaf Audio ProtonはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。消費電流は30mAです。

※電池はお使いになれません。

[ベース エフェクター][エンベロープフィルター]
3Leaf Audio
3Leaf Audio(スリーリーフオーディオ)
3Leaf Audio(スリーリーフオーディオ)は、アメリカ・シアトルで、ミュージシャンでもあるビルダーにより2008年に設立されました。全てのペダルはハンドメイドで制作されており、特にエンヴェロープフィルターを専門的に開発しています。 3Leaf Audioのエフェクターは、全てライブやレコーディングで実際に使用されることを想定して作られており、電気的な理論よりも、実際に「耳で」設計されています。このアプローチで設計されるエフェクターは、プロ・アマチュア問わず、世界中のプレイヤーから絶賛されています。
お探しのベース用エフェクターは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら