ENGL

80年代中期のドイツにて、エドムント・エングル氏の手によってENGL(エングル)はその産声をあげました。当初はクラシックスタイルのコンボアンプを製作していたが、数年後にはスタックアンプも発表しヨーロッパ各地のプロギタリスト達から脚光を浴びるように。いち早く彼らとコレボレートしたアーティストの中にDeep PurpleのRitchie Blackmoreがいます。今日に至るまでENGLは新たなアンプの開発と製作に挑戦し続け、MIDIの導入や、よりヘヴィ&ラウドなサウンドを追求することでその表現の幅を増やし、世界中の多くのギタリストに賞賛を浴びています。
「NEW」マークが1週間以内に掲載されたエフェクターです。
ディストーション