MENU

種類から探す

\ECB山中です/

<おかげさまで10周年!>
世界のエフェクターが大集合!!エフェクター専門サイト 『EFFECTOR COLLECTION BOX』 は音楽と楽器、エフェクターを愛する人々が集まる場所。そしてStomper(エフェクター好きの人たち)がワクワクするウェブサービスを目指して日々更新をしています!
プロフィールをもっと見る>>

無料メルマガ『エフェクターのことばかり!

Xotic エキゾチック / XVP-250K Gold Case High Impedance Volume Pedal【ハイインピーダンス ボリュームペダル】

身体の一部/楽器の一部となるべくリニアな動きをコントロール

Xotic Volume Pedalはミュージシャンの身体の一部/楽器の一部となるべくリニアな動きをコントロールしてくれます。シンプルな回路構成だからこそ楽器本来の周波数帯域全体のトーンを保持するために、高品質のオーディオポテンショメーターを開発し採用しました。

ナイロン・ピボット・ブッシングとラック・アンド・ピニオン技術を採用することにより、足元でよりスムースなヴォリュームスイープを生み出します。

従来の紐で操作するVolumeペダルは紐のたわみ、緩みが原因でリニアでスムーズな動作が困難になったり、ひどい時には紐が切れてしまうなどの問題がありました。Xotic Volume Pedalはこれらの問題が解消され、筐体の強度も非常に優れた耐久性があります。

コンパクトで耐久性に優れたアルミニウムダイキャストエンクロージャは、一般的なボリュームペダルの 2/3程度のサイズで、小さなボードなどに最適なサイズです。

ボリュームペダルのインピーダンスについて

ボリュームペダルには「ハイインピーダンス」と「ローインピーダンス」の二つのモデルが存在します。

「ハイインピーダンス」とは、その名の通りインピーダンスが高いという意味。ハイインピーダンス仕様のボリュームペダルはすなわち「インピーダンスが高い信号を受けるため」のモデルとなります。

反対に、ローインピーダンス仕様のボリュームペダルは「ローインピーダンスの信号を受けるため」のボリュームペダルとなります。

ちなみにローインピーダンス仕様のボリュームペダルにハイインピーダンスの信号が流れてしまうと音質が激変してしまうので注意が必要です。

ギターのすぐ後はハイインピーダンス

エフェクターより前にボリュームペダルを繋ぐ場合。すなわちギターを直接ボリュームペダルに繋げる場合は、ハイインピーダンスモデルが適しています。

効果としては一番はじめにボリュームコントロールができるため、歪み系エフェクターなど、以降のエフェクターの掛かり具合をコントロールできたり、ディレイなどの残響を残したままボリュームを落としたい時にも有効です。

エフェクターの後ならローインピーダンス

エフェクターの後に設置する場合はローインピーダンスモデルが最適です。ハイの時とは反対に歪み系エフェクターなどのノイズをきっちりカットしたい場合や、ディレイなどの残響音も一気に消したい時にはこちらがおすすめです。

また、9V電池を利用するアクティブタイプのピックアップを搭載したギターやベース、シンセサイザーや電子ピアノなどもローインピーダンスとなりますので、こちらのモデルが最適となっています。

ローインピーダンス仕様のXVP-25Kはこちら

Xotic エキゾチック / XVP-25K Red Case Low Impedance Volume Pedal【ローインピーダンス ボリュームペダル】

主な機能・特徴

・100% Hand-wired
・Cloth covered wires
・Nylon pivot bushing
・Compact size
・Tuner Out

仕様

・Dimensions
・W :210mm
・D :100mm
・H :67mm
・Weight :853g

Xotic
Xotic(エキゾチック)
Xotic(エキゾチック)は1996年に設立され、LAの工房にてギターやベース、ピックアップ、プリアンプ、エフェクターまで、幅広い商品の制作を手掛けるメーカーです。1999年に発表されたエフェクター、RCおよびAC Boosterの大ヒットにより、その名を全世界に轟かせることになりました。その後もギタリスト、ベーシストが求めるエフェクターを次々と生み出し、プロミュージシャンからも非常に高い評価を得ています。
お探しのボリュームペダルは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら