Weed ウィード / Sweet DRIVE 【オーバードライブ】

Weed ウィード / Sweet DRIVE 【オーバードライブ】

名機を研究・改造してきた経験を基にオリジナル・オーヴァードライヴ・エフェクターを完成させました

ついにweedが世界中のコンパクトエフェクターの名機を研究・改造してきた経験を基にオリジナル・オーヴァードライヴ・エフェクターを完成させました。内部構成パーツ・配線材はモディファイの経験を十二分に生かし、オーディオグレード・ハイスペックパーツを使用しました。コントロールは左からLEVEL. TONE. DRIVE.とシンプルなコントロールとなっていて、TONE横のミニ・SWは新開発ダンピング・コントロールSWとなっています。このオーヴァードライヴは全体的にゲインが高めにセットされていますが、驚くほどにノイズが少なく設計されていて、LEVELを高めに、DRIVEを低めにセットしクランチ系のアンプセッティングにするとクリーンブースターとしても使えるほどです。また新開発ダンピングSWはオーヴァードライヴをアンプで鳴らす時に、コンボタイプのアンプにとって耳障りな低域のブーミーさを軽減する働きを持ち、ヘッドタイプのアンプにはスムースな低域を加えられるように設計されています。

レビューをツイート!

こちらのエフェクターをお使いの方は口コミ・レビュー情報をぜひぜひTwitterでシェアお願いいたします!当サイトのフォロワー様にもRTでお届けいたします。採用ツイートはこのページやメルマガでもご紹介させていただきます〜

※ツイート検索用に利用しますので、シェアボックス内の「@effectorbox」は削除しないようお願いいたします。
名器と呼ばれるエフェクターに新たな進化をもたらすその技術、そのサウンドを聞き分ける洗練された耳が造り出すサウンドは1ランクも2ランクも上の極上サウンド。基本的に20個程の内部コンデンサーをオーディ・グレードに交換し、そのエフェクターの持つサウンドキャラクターを活かしながら、ノイズレスでHi-Fiなサウンドを生み出します。
Weedのエフェクター一覧を見る
おすすめのオーバードライブを見る
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら

オーバードライブカテゴリの最新記事