WAY HUGE ウェイヒュージ / WHE-202 Green Rhino Overdrive Mk II【オーバードライブ】

WAY HUGE ウェイヒュージ / WHE-202 Green Rhino Overdrive Mk II【オーバードライブ】
メールマガジン『エフェクターのことばかり!』 無料登録はこちら

長い間ファンに復活を熱望されていたゴージャスなサウンドをもったクラシックオーヴァードライヴ“GREEN RHINO(グリーンライノ)”が、更なる進化を遂げ蘇りました

VOLUME,TONEとDRIVEのコントロールに加えて、12dBのブースト/カットが可能な100Hz帯域のEQコントロールにより、大地を揺るがしサヴァンナを縦断する猛獣さながらの重低音を轟かせ、またはサイ (RHINO)の角のように突き抜けるサウンドメイクが可能となっています。またCURVEコントロールでトーンの折点周波数を調整することもでき、他のオーヴァードライヴのサウンドでは表現することの不可能であったトーンシェイピングを可能にしています。

使い方のコツとしては、クリーンアンプに接続して、VOUMEノブと DRIVEノブを12時の位置にセットするとナチュラルかつパンチの効いたダイナミックなオーヴァードライヴサウンドを得ることが可能。またDRIVEコントロールを低いセッティングにし、VOLUMEノブを上げると、アンプのサウンドをブーストすることが可能です。もしくはアンプのセッティングを歪んだ状態にし、GREEN RHINO MK IIのDRIVEコントロールレベルを上げると予想出来ないほどのゲインとサステインを得ることが出来ます。いかなる使用方法でも、ノイズが少なく、トゥルーハードワイアースイッチングの高品質なサウンドをお楽しみ頂けます。

エフェクター好きが選んだオーバードライブはこちら!

オーバードライブ人気TOP10「おすすめエフェクター ランキング 2019」

Way Huge
WAY HUGE(ウェイヒュージ)
WAY HUGE(ウェイヒュージ)は1992年にスタートしたエフェクターメーカー。各ペダル群から反映されるサウンドもバラエティーに富み、ペダルフットスイッチの踏み心地も抜群。中でも圧倒的な低音を特徴とした極太ファズ復活版「WHE-401 Swollen Pickle」、アナログならではのサイケデリックなサウンドが楽しめる「WHE-701 AQUA-PUSS MkII」など、実用度満点のエフェクターに注目が集まります。
Way Hugeの一覧を見る
お探しのオーバードライブは見つかりましたか?
人気のオーバードライブを見る
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら
このページをSNSでみんなにシェア
[PR]

このページを見た人はこちらのエフェクターもチェックしています

'
おすすめページ
人気のエフェクターブランド
エフェクターブランド一覧はこちら
エフェクターの種類から探す
歪み系
モジュレーション系
空間系(残響系)
フィルター系
ダイナミクス系
マルチエフェクター
アンプ系
ハーモニー系
ボリューム系
回路系
その他エフェクター
楽器別エフェクター
アクセサリー・その他

オーバードライブカテゴリの新掲載エフェクター