MENU

種類から探す

\ECB山中です/

<おかげさまで10周年!>
世界のエフェクターが大集合!!エフェクター専門サイト 『EFFECTOR COLLECTION BOX』 は音楽と楽器、エフェクターを愛する人々が集まる場所。そしてStomper(エフェクター好きの人たち)がワクワクするウェブサービスを目指して日々更新をしています!
プロフィールをもっと見る>>

無料メルマガ『エフェクターのことばかり!

VOX ボックス / VALVENERGY CUTTING EDGE【オーバードライブ】

VOX ボックス / VALVENERGY CUTTING EDGE【オーバードライブ】
Nutubeを搭載し、アンプのサウンドを再現。

リードから低音を強調したエッジのあるトーンまでを実現する、モダンなアンプ・ハイゲインサウンドを提供するVOX「CUTTING EDGE」。Nutubeを搭載し、アンプのサウンドを再現。用途によって切り替えられる3つの出力モード、チャンネルスイッチ機能を装備し、より手軽にレガシーアンプトーンを得ることが出来ます。

VOX「CUTTING EDGE」の特徴

・人気のアンプトーンをNutube搭載し実現したVALVENERGY シリーズ
・4つのトーン・コントロールを搭載し、リフに最適な高低音を強調したエッジのあるサウンドから、リードに適した厚みのあるサウンドまで多彩な表現が可能な、現代の音楽シーンに欠かせないハイゲイン・サウンドを提供
・用途によって切り替えられる3 つの出力モード、チャンネルスイッチ機能を装備
・市販のミニ・フォーン・ケーブルで接続し、1 つをオンにすると片方がバイパスになり、ギター・アンプのチャンネル切り替えのように使用できるLINK 端子を装備
・音を視覚的に確認できるOLED ディスプレイ搭載

VOX ボックス / VALVENERGY CUTTING EDGE【オーバードライブ】

3つの接続モード

・STANDARD:標準的なペダル同様にギター・アンプのインプット端子に接続
・PREAMP:アンプのリターン端子やパワー・アンプの入力に接続し、プリアンプとして使用可能
・CAB-SIM:独自に設計されたキャビネット・シミュレーターを搭載。ミキサーやDAW に接続した際効果を発揮

VOX ボックス / VALVENERGY CUTTING EDGE【オーバードライブ】

VOX「CUTTING EDGE」の仕様

・接続端子:INPUT 端子、OUTPUT 端子、DC9V 端子、LINK 端子
・コントロール:GAINノブ、VOLUMEノブ、TREBLEノブ、MIDDLEノブ、BASSノブ、TIGHTノブ、MODEスイッチ

VOX ボックス / VALVENERGY CUTTING EDGE【オーバードライブ】

■電源
・9V アルカリ乾電池(6F22/6LR61) x 1、またはAC アダプター
・電池寿命:約2 時間以上(アルカリ乾電池使用時。使用状況により変化します)
※消費電流が大きいため、AC アダプターの使用をお勧めします。電池で使用する場合はアルカリ電池を使用してください。

■外形寸法(W x D x H)/質量: 72 mm x 120 mm x 55 mm(突起物を含む)/ 350g(電池含む)

このエフェクターを買うならこちらのショップがおすすめです!
ECB推薦!優良ショップ
サウンドハウスサウンドハウス
サウンドハウスは1994年よりPA音響機器、楽器、DJ・DTM機材などを、どこよりも「激安特価」で提供する全国通販サイト。2,000円以上購入で送料無料。安心の3年保証も。
サウンドハウスで買う
VOX
VOX(ボックス)
VOX(ボックス)は、エレキギター、エレキベース、ギターアンプからエフェクターまで幅広く製造しているイギリスのメーカーです。メーカーの顔とも言えるギターアンプ名機AC30を筆頭に、真空管アンプの良さを低価格に収めた製品も多数ラインナップ。その他にもVOXは、コンパクトで高性能なマルチエフェクターや、自宅練習に最適なamPlugシリーズ、amPhonesなど、あらゆるシチュエーションで活躍するギタリスト、ベーシストのマストアイテムが揃っています。
お探しのオーバードライブは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら