VEMURAM ベムラム / Jan Ray【オーバードライブ】

世界中のプレイヤーを唸らせ続けている絶品国産オーバードライブ!

60年代のFenderブラックフェイスアンプは、Volume6、Treble6、Middle3、Bass2(6、6、3×2)の設定で魔法の音が出ると言われた。それは「マジック6」と呼ばれ、多くのギタープレイヤーが「素晴らしく良い音」のするこのセッティングに魅了された。

VEMURAM「Jan Ray」は「マジック6」で得られる極上のトーンを再現。発表当初アメリカの偉大なギタリスト・マイケル・ランドゥの使用でも人気爆発となり、その後も世界中のプレイヤーを唸らせ続けている絶品国産オーバードライブだ。

コンプ感が少なく、粘りのあるサスティーン、まるで真空管アンプを操作しているような反応性を持っており、煌びやかな高域、ハリのある中域、柔らかさを含んだリッチな低域を持った極上のワイドレンジが魅力的だ。

サイドに設けられたサチュレーション・トリマーにより、歪みのハリ/レンジ感をコントロール可能となっている。(調整用ミニドライバーが付属)

 

また、オール・ブラスのボディを採用する事でローノイズなドライブを実現するだけでなく、透明感のある芯の太いクリアなサウンドも確保している。

世界中を唸らせた脅威の国産オーバードライブが歪みの伝説を作り変えていく。是非あなたもその証人になってみてはどうだろう。

 

※2019/11/21ユーザーさまよりご指摘をいただき記事内の以下部分を加筆修正いたしました。

マジック6の説明が「すべてのノブを6にした時の音」となっていたため修正いたしました。

オーバードライブおすすめランキングにも掲載中!

オーバードライブ人気TOP10「おすすめエフェクター ランキング 2019」

Vemuram
VEMURAM(ベムラム)
自社オリジナルパーツそして国内生産に拘る完全ジャパン・メイドのVEMURAM(ベムラム)。高品質で国内のみならず海外アーティストにも愛用者が多く、Michael Landauが「Jan Ray」を使用していることが話題になり、海外から火が付いたブランド。他にもOz Noy、Josh Smith、Matt Schofild、Scott Henderson、Richie Sambora、国内ではTomo Fujitaも使用するなど、本物の音にこだわる数多くのプロギタリスト達に愛用されている。
お探しのオーバードライブは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら