TECH21 テック21 / Roto Choir【シミュレーター系】

60年代ロックスタイルには欠かせないロータリースピーカーサウンドをいとも簡単に、そしてリアルに再現。

Roto Choirはオリジナルと同じくチューブ・パワーアンプ、低域スピーカー、高域ホーン、そして集音マイクまでを再現。

持ち運びに便利なのこのペダルはダイレクト・レコーディングが可能で、ギターのみならずキーボードやシンセサイザー、ボーカルにも有効です。

スピーカーの回転速度切り替えやストップをコントロールするFast/Slowスイッチを搭載しています。また、独立したTop Speedのコントロールにより回転の速度を調節する事ができます。Positionのコントロールは仮想マイクの遠近を調節します。

Biampスイッチを使用してシングル・スピーカーのモードからバイアンプのモードに切り替えることができます。
Speaker Simスイッチを使用するとスピーカー・シミュレーターがオンになり、ダイレクト・レコーディング時に便利なサウンドに切り替わります。

Drive、High、Low、Levelのコントロールは全て100%アナログ回路になっており、温かく自然なサウンドを作り出します。その他、本機はステレオ出力、バッファー・バイパス、静音スイッチング、カスタム・メイドのフットスイッチで構成されています。様々なサウンドの探求で、何日も経過してしまうほど没頭することができてしまいます。作りたいサウンドに辿り着けるよう、全てのTech21製品に共通してコントロールは必要な柔軟性を備えています。

TECH21
TECH21
TECH21(テック21)はベースファンならだれもが知っている「SANSAMP CLASSIC」を1989年に発明した革新的な楽器ブランドです。これは世界初のチューブ・アンプ・エミュレーション回路の開発に成功した名機です。Tech21はチューブ・アンプのサウンドをライン・レコーディングする方法を生み出し、当時の不可能を可能にしました。これによりSANSAMPは瞬く間に世界的定番機器として認知され、数多くのアーティストから愛用され続けています。
お探しのシミュレーター系エフェクターは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら