Suhr / MiniMix II パラレル ミキサー【ラインセレクター】

お手持ちのエフェクター・サウンドをピュアに出力します

発表以来、大変御好評を頂いておりました「MINI MIX」がバージョンアップし、「MINI MIXII」として再登場いたしました。NAMMでの数々の新製品発表により、今最も注目されるブランドの一つなった「JST(JSテクノロジー)Suhr」。そのニューラインナップにその名を連ねていたこのモデルは、数々のミュージシャンに愛用され、そのクオリティの高さを実証済みのギター・サウンドシステム用パラレル・ミキサー!!

せっかく手に入れた高品位なデジタル・エフェクトをいざ接続すると原音が痩せてしまったり、デジタル臭い不自然さを感じたり、エフェクト効果がうまくコントロール出来ないといった経験がございませんでしょうか?その大きな要因としてダイレクト音(ドライ音)の劣化やせっかくのエフェクト効果(ウェット音)を十分に使い切れていない事が要因として挙げられます、そんな時必要になるのがこの「MINI MIX 2」です。

「MINIMIX 2」を介する事によりダイレクト音(ドライ音)を保持したまま、エフェクト音(ウェット音)とミックスしアンプへに送る事出来る為、アンプサウンドのキャラクターの変化や音痩せを防ぐ事が出来ます。またインピーダンス・マッチング用のバッファー回路を内蔵している為、ノイズやプログラムチェンジの際の音切れ等のトラブルを回避する事が出来ます。グランドループを回避する為、FX SENDとFXRETURNにはそれぞれ独立したアイソレーション・トランスを採用しています。
従来の「MINIMIX 2」の機能加え外部端子を接続する事によりドライ・ミュート、エフェクト・ミュートを可能にするCTL端子を搭載、2台のエフェクトが接続可能になる等、シンプルなインターフェイスでありながら、「使える機能」が追加されています。

ギター用のサウンドシステムにスタジオやDAW環境と同等以上のフルレンジ・ハイスペック機材が導入される事も珍しく無くなった昨今、そこで懸念される問題に対するソリューションとしてジョン・サーが提案するこの「MINIMIX 2」は、サウンドメイクに悩めるプレイヤーにとって待望のアイテムと言えるでしょう!!!

Suhr
米国カリフォルニア州レイクエルシノア市に拠点を置くSUHR(サー)は、John Suhrによって1997年に設立されました。John Suhrが目指した「完璧なトーン」を形にするべく、作りこまれた製品から生み出されるサウンドは、立体感、音質共に優れており、多くのアーティスト達に愛用されています。
お探しのラインセレクターは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です