TECH21 テック21 / SansAmp FLYRIG 5 【マルチエフェクター】

マルチエフェクター?プリアンプ?REC ツール?そのすべてを満たすニューカマー!

FLY RIG 5 は、ただ単にペダルボードの代わりではありません。30.5cm / 510g の軽量&コンパクトなボディの中に、歪み・ブースト・タップ付きディレイ・リバーブと、ギタートーンに必要なプロセッシングをSansAmp と共にぎっしり詰めました。パッチケーブルやバッテリー、グランドループのノイズに悩まされることもなく、これ1台で大型ペダルボードに匹敵するサウンドを再現できます。

必須のトーンソースがコンパクトに収まっているため、移動やセッティングにストレスを感じさせません。このFLY RIG 5だけをギターケースに入れて、安心してツアーに出かけることができます。PA やミキサーにダイレクトライン接続できるSansAmp(プリアンプ)を心臓部に備えていますから、時にはアンプなしでライブやレコーディングをこなすことも可能です。

【プリアンプor エフェクターとして使用する場合】

本機は通常のエフェクターと同様、アンプの手前に接続して使用できます。アンプのサウンドキャラクターが強い場合、本機をアンプの「低ゲイン入力(Low)」へ接続し、アンプを可能な限りクリーンに設定してください。また、アンプのエフェクト・ループの「リターン」へ接続することも可能です。この接続ではアンプのプリ部を通らないため、FLY RIG 5 本来のサウンドを出力できます。

【録音機器やPA へ直接接続する場合】

トーンのシェイピングやキャビネットのエミュレーションなど、ダイレクト録音に必要な要素は全てSansAmp 部に組み込まれています。ギターの信号は自動的に低インピーダンスに変換されるため、ミキサーやレコーダー、パソコンのサウンドカードなどの機器に直接接続することが可能です。

TECH21
TECH21
TECH21(テック21)はベースファンならだれもが知っている「SANSAMP CLASSIC」を1989年に発明した革新的な楽器ブランドです。これは世界初のチューブ・アンプ・エミュレーション回路の開発に成功した名機です。Tech21はチューブ・アンプのサウンドをライン・レコーディングする方法を生み出し、当時の不可能を可能にしました。これによりSANSAMPは瞬く間に世界的定番機器として認知され、数多くのアーティストから愛用され続けています。
お探しのギター用マルチエフェクターは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら