エフェクタープレゼント企画実施中!

Parasit Studio パラジットスタジオ / The Multiwave Mega Guitar Synthesizer ザ マルチウェーブ メガ【ギター シンセサイザー】

多彩な波形とオシレーター!モノフォニックのウェーブテーブルベースのギターシンセサイザー

Parasit Studio「The Multiwave Mega Guitar Synthesizer」は、アナログレゾナントローパスフィルターを備えた、モノフォニックのウェーブテーブルベースのギターシンセサイザーです。

100%オリジナルデザインで8ヶ月かけて開発し、完成しました。

主な機能

・ブレンドやデチューンが可能で、多彩な波形を持つ2つのオシレーター
・ギターインプットまたはLFOからコントロールできるエンベロープコントロールのレゾナントローパスフィルター
・様々な波形を持つLFOにより、振幅や周波数をモジュレート
・ギターインプットからトリガーできるサステインモード(ドローンモード)
・OLEDオシロスコープ搭載

多彩な波形とオシレーター

Multiwave Megaには2つのメインオシレーターを搭載し、これらの波形を組み合わせることができます。常時使用するプライマリオシレーターに加え、ブレンドすることのできるセカンダリオシレーターも個別に波形を設定できます。
また、プライマリオシレーターにはデチューンをかけることで、モノフォニックシンセながら和音やフェイザーをかけたような音色を作ることもできます。

ローパスフィルター

Multiwave Megaのレゾナントローパスフィルター(VCF)は、ギターのシグナルをトリガーとしたエンベロープフィルターとして、またはLFOを用いたオートフィルターとして使用することができます。

LFO

さらに、シグナルの音量や周波数などにも影響するLFOを設定することができます。このLFOにもランダムを含む複数の波形を選択することができます。

サステインモード

アナログサンプル/ホールド回路を用いた2つのサステインモードを搭載します。サステインモードはフットスイッチでON/OFFすることができます。
フットスイッチを踏んだときの音がそのまま永続するHOLDモードと、ギターシグナルが入力されるたびに永続する音が変わるENV TRIGモードを切り替えることができます。

技術的な解説

Multiwave Megaはアナログとデジタルのハイブリッド回路です。アナログ回路はプリアンプ、サンプル/ホールド、レゾナントローパスフィルターがあります。デジタル回路はオシレーター、フィルターの制御、LFO、ボタン処理を行うマイクロコントローラーとなります。

CMOSベースのプリアンプステージでギターシグナルをスクエアウェーブに変換し、フェイズロックループとバイナリカウンターによって周波数を64倍にします。これはマイクロコントローラーが過剰な動作をしないようにするためです。外部インタラプトにより波形アレイを循環させます。

オシレーターはウェーブテーブルベースで、すべての波形は単一のPWMデューティサイクルの数値配列として保存されます。
オシレータとLFO解像度は6ビット(64ステップ)、エンベロープは7ビット(128ステップ)です。

様々な波形を作るためにマイクロコントローラーに保存された35種類のウェーブテーブル(および各デチューン用の1種類)、エンベロープとLFO用のウェーブテーブルを使用しています。

Parasit Studio The Multiwave Mega Guitar SynthesizerはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。消費電流は56mAです。電池はお使いになれません。

お探しのギターシンセサイザーは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら