抽選で自作エフェクターキットが当たる!>>

Old Blood Noise Endeavors オールドブラッドノイズエンデヴァーズ / Fault V2【オーバードライブ】

一度使うとやめられなくなるオーバードライブ/ディストーション!

このペダルに触れるまで、それが必要なものであると気づかなかったのです。アンプのエッジをプッシュしたりクリーンシグナルにセンシティブなドライブを加えたり、リズムやリード、ノイズに強いディストーションを付加することができます。

内部には2つのゲインステージがあり、インプットされたシグナルはGAIN1のゲインステージを通ります。ここでは軽い歪みからスパーキーなトーンを作ります。BOOSTスイッチでGAIN1ノブの可変範囲を切り替えることができます。
LOW、MID、HIGHアクティブEQコントロールはそれぞれ100Hzシェルフ、500Hzベル、3kHzシェルフEQです。

また、VOICEコントロールでEQに送られるシグナルのバランスを調整することができるので、より詳細に音色をコントロールすることができます。

さらにCRUSHスイッチでEQの後にクリッピングステージを追加することができます。

GAIN2はフットスイッチでON/OFFすることができます。OFF時には何も影響しません。GAIN2ノブを最小にしても同様です。GAIN2をONにし、GAIN2ノブを上げるとオーバードライブペダルがヘヴィなディストーションへと変貌します。

コントロール

・VOLUME:全体の音量を調整します。
・GAIN1:最初のゲインステージの歪みを調整します。
・LOW:100Hz以下の周波数帯をブースト/カットします。
・MID:500Hz辺りの周波数帯をブースト/カットします。
・HIGH:3kHz以上の周波数帯をブースト/カットします。
・GAIN2:GAIN2フットスイッチがONの時に2段めのゲインステージの歪みを調整します。
・VOICE:3バンドEQに入るシグナルのバランスを調整します。反時計回りで音色は暗く、時計回りで明るくなります。
・BOOST:GAIN1ノブのレンジを切り替えます。下ポジションではローゲイン、上ポジションではゲインアップモードとなります。
・CRUSH:3バンドEQの後にダイオードペアのクリッピングステージを追加します。上ポジションでクリッピングが追加されます。

GAIN1とGAIN2、さらにスイッチの設定を組み合わせることで、様々な歪みを作ることができます。

Fault V2はスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで動作します。
消費電流は31mAです。電池はお使いになれません。

Fault V2はリレータイプのトゥルーバイパスです。

Fault V2のアートワークはニューヨークのEvan M Cohenによるものです。

ブランド詳細
Old Blood Noise Endeavors
Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ)
Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ)は、ペダルを作ること、音楽を聴くこと、そしてコーヒーを飲むことを至上の喜びとしています。いくつかのエフェクターメーカーで経験を積み、作りたいペダルを作ることが出来るようになりました。そこで、マニアックでニッチな、本当に好きなエフェクターを作るためにOld Blood Noise Endeavorsを設立しました。
お探しのオーバードライブは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら