MENU

種類から探す

\ECB山中です/

<おかげさまで10周年!>
世界のエフェクターが大集合!!エフェクター専門サイト 『EFFECTOR COLLECTION BOX』 は音楽と楽器、エフェクターを愛する人々が集まる場所。そしてStomper(エフェクター好きの人たち)がワクワクするウェブサービスを目指して日々更新をしています!
プロフィールをもっと見る>>

無料メルマガ『エフェクターのことばかり!
エフェクターメルマガ配信中

Mad Professor マッドプロフェッサー / SUPER BLACK FAC【プリアンプ】【ブースター】

ブラックフェイス期のトーンを再現したアンプ・イン・ア・ボックス!

Mad Professor「Super Black」は、1963~1968年製のブラックフェイス・アンプのトーンを一台に詰め込んだペダルです。アンプのリターンジャックへ直接接続することで、ブラックフェイス・アンプのシグナルパスそのままのサウンドを出力することができます。

パンチがありミッドスクープされたクリーン~アンプライクな美しいブレイクアップ~ロックにも使えるドライブ・トーンまで幅広いサウンドに設定できます。

さらに2つのミニ・スイッチでベースとコンプレッションの量を切り替えることができ、ブラックフェイス・アンプのモデルやサイズ毎の個体差まで忠実に表現できます。

加えて、前段におけるブースターとしてベストセラーである「Sweet Honey Overdrive」の回路を追加しました。ブラックフェイスと「Sweet Honey OD」は魔法のような組み合わせです。それぞれ独立したON/OFFスイッチとボリューム、ドライブのノブを備えており、Sweet Honey側の回路だけを使うことも可能です。

特徴

・1963~1968年のブラックフェイスアンプのトーンを再現
・前段にブースターとして Sweet Honey の回路を装備
・プリアンプ部とブースター部を独立して使用可能

コントロール

●プリアンプセクション(後段)

【MIDDLE】 中音域の量を調整します。
【TREBLE】 高音域の量を調整します。
【BASS】 低音域の量を調整します。
【PRESENCE】 アウトプット段で高音域の量を調整します。
【GAIN】 歪み量を調整します。
【VOLUME】 アウトプットレベルを調整します。
【BASS CUT】
左側でベースが最大量となり、右側で僅かにカットされます。
【COMPRESSION】
左側でコンプレッション量が上がります。
右側でコンプレッション量が下がり、最大限のダイナミクスを得ら
れます。

●ブースターセクション(前段)

【DRIVE】 Sweet Honey 回路の歪み量を調整します。
【VOLUME】 Sweet Honey 回路のアウトプットレベルを調整しま
す。

こちらもおすすめ!
Mad Professor
Mad Professor(マッド・プロフェッサー)
Mad Professor(マッド・プロフェッサー)は、エフェクターファンの間で熱狂的な支持を集める、BJF氏によってデザインされる、プレミアムクオリティのエフェクターの数々を制作しています。北欧、フィンランドから届けられるその圧倒的なサウンドは、プレイヤーを必ず虜にするでしょう。
お探しのプリアンプは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら