kgr harmony ケージーアールハーモニー / “IRON 808” 南部鉄器エフェクター TS Overdrive【オーバードライブ】

伝説の名機「Tube Screamer」を岩手の伝統工芸品「南部鉄器」の筐体に!

日本人エンジニアが作った伝説の名機「Tube Screamer」。世界中のギタリストを魅了し、素晴らしい音楽を作り続けているこのペダルを、岩手の伝統工芸品「南部鉄器」で筐体を作成し作り上げました。

回路は、イン・アウトのバッファーを外し、自然なレンジ幅を保持しています。
メインとなるオペアンプには、新日本無線株式会社(JRC)がオーディオIC技術を結集した ”MUSES 01″ を採用。

オペアンプの高い解像度ながら柔らかい音色と、南部鉄器のレンジが広くストレートな押し出し強い音色が掛け合わさり、唯一無比の音色となっています。

仕様

コントロール
Volume :全体の音量を調節します。右に回していくと音量が大きくなります。
Gain :歪み量を調節します。右に回していくと歪みが増えます。
Tone :音色を調節します。左に回すと高域が減り、丸い音色になり、右に回すと高域が強調された音色になります。

サイズ:縦118mm, 横64mm, 高さ56mm(最大)
重量:約670g
電源:センターマイナス9Vアダプター(2.1mm) or 9V電池

2019年から南部鉄器という伝統工芸に携わるようになり、いつか、”TS” と “南部鉄器” を掛け合わせたエフェクターを作りたいと思っていましたが、製作するにはなかなかの壁が立ちはだかり、実現するには時間がかかりました。
今回、南部鉄器筐体を作るのに「手込め」という1つ1つ手作業で鋳型(砂型)を作り、鉄を流し込むという鋳物作りの原点の方法を教えていただき、その手法を採用しました。そしてその鋳型は私自身が製作をしております。
時間と手間はかかってしまいますが、1つ1つに向き合い渾身の筐体を作ります。

※このモデルは、南部鉄器の筐体を作るところから全て手作りで作られています。
1つ1つ表情が違うことをご了承くださいませ。

kgr harmony
kgr harmony
kgr harmonyは楽器に関する商品・サービスを提供します。kgr harmonyは長年、プロの現場に足を運び、プレイヤーとの交流を深める中で、アーティストの生の声から本当に必要とされる、より良い楽器、音を提案しています。
お探しのオーバードライブは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら