抽選で自作エフェクターキットが当たる!>>

Free The Tone フリーザトーン / PHA-1 PHASE ANALYZER【アナライザー】

「位相」を知ることで、ハイレベルなサウンド作りに踏み出すことができる!

ライブ演奏やレコーディングにおいて、音の「位相」は非常に重要です。

同じ周波数で、同じ位相同士の信号を加えると、信号のレベルが上がります。逆に同じ周波数で、逆の位相の信号を加えると、信号のレベルが下がります。信号同士が打ち消しあうことになるのです。位相というと難しく感じるかもしれませんが、海岸に打ち寄せる波を想像していただくと分かりやすいと思います。複数の波がぶつかり重なり合ったとき、波が高くなる部分、低くなる部分、平らになる部分があります。音も同様に、音が重なり合ったとき、同様の現象が起こります。

一般的に音が打ち消し合わないように、ドラムのキックに対して、同じ位相でギターやベースの音を出力することが基準となります。しかし、エフェクターの組み合わせ、アンプのチャンネルによっては、逆相で出力することがあり、意図せず音が打ち消しあっている場合があります。ワウやコンプレッサーなど、あえて逆相を利用して音作りする場合もありますので、必ず逆相が悪いというわけではありません。位相を操れる環境作りをすることが重要です。現在のエフェクターやアンプの組み合わせが、正相なのか逆相なのかを知ることで、ハイレベルなサウンド作りに踏み出すことができると考えます。

PHASE ANALYZER は、AUDIO ROUTING CONTROLLER/ARC-4と組み合わせて使用することで、簡単に現在のエフェクターの組み合わせが正相なのか逆相なのかを測定することもできます。ARC-4には、位相を反転させるフェイズインバート機能が備わっていますので、逆相を正相に、または正相を逆相にして信号を出力することができます。

特徴

・PHASE ANALYZERでは、2種類の位相測定が可能です。
リピート測定モード:機器を通過したテスト信号を解析し、正相か逆相かを判断します。一般的なアナログエフェクターだけでなく、フェイザーやコーラス、ディレイなど遅延素子を使用したエフェクターや、AD/DAコンバーターやDSPなどを使用し、出力に遅延が発生するエフェクターなどの位相も測定することができます。
コンティニュアス測定モード:出力したテスト信号と同じタイミングの時間の波形を比較し、位相解析を行います。

・ARC-4とRC-7ケーブル(別売)を組み合わせて使用すると、ARC-4に入力された信号レベル、もしくはARC-4から出力する信号レベルを表示することができます。

・本体のディスプレイに、入力された信号の波形を表示することができます。

・DC9VからDC12Vまでの外部電源や9Vバッテリーに対応しています。

仕様

端子 TEST SIGNAL OUT端子、ANALYZER IN端子、DC9-12V INジャック、DIN7pin OPTION-2端子
電源 ACアダプター、電池(9V形006P型)
消費電流 DC9V動作時 約52mA
サイズ 110(W) x 53(D) x 46(H)mm (ノブやスイッチなどの突起物を含む)
重量 約230g
付属品 保証書、取扱説明書、電池(9V形006P型)
ブランド詳細
Free The Tone
Free The Tone フリー・ザ・トーン
フリーザトーン(Free The Tone)は、Providenceブランドの開発・設計・生産の責任者として従事していた林幸宏氏が、自由な発想による革新的な開発・設計を目指し創業しました。機器の一部を取り扱うのではなく、音楽全体を捉え総合的なアプローチでシステムデザインを行っています。
お探しのアクセサリーは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら