flying teapot フライングティーポット / Reindeer RDD-2【ディストーション】

王道かつ万能なディストーションペダル「Reindeer Distortion(RDD)」がサウンド、コントロールを一新

伝統的なディストーションペダルをベースに、サウンドの幅を拡大しビンテージオーバードライブからモダンハイゲインまでを広くカバーできるようなペダルに仕上げました。

2つのトグルスイッチにより、様々なアンプやギター、プレイスタイルに対応できるようにしています。

元々は以前作っていたReindeer Distortion(RDD)の後継機として開発を進めていましたが、その過程でビンテージオリジナルやその他各年代のオリジナル、またモディファイペダルなどを研究し、それぞれのペダルの良いところをなるべくシンプルなコントロールで1台に詰め込みました。

その結果、ローゲインではフロントピックアップと合わせた時の甘い粘りのドライブから歯切れの良いサチュレーションサウンド、ハイゲインではスムーズでファットなリードからバイト感のハッキリしたディストーションサウンドが堪能できます。

2つのトグルスイッチは、一方が歪みのコンプレッション感に影響するスイッチで、Deepモードにするとディストーションらしい深い歪みとコンプレッションが得られ、Boostモードでは歪みが浅くなる代わりに音量が上がりコンプレッションも少なめのレスポンスが良い歪みとなります。

もう一方のトグルスイッチはサウンド全体のトーンに影響し、Brightモードでは弦のアタックが強めのジャキっとしたトーンが得られ、Fatモードではローミッドが強めのトーンが得られます。

このスイッチはアンプやギターとの相性で設定すると効果的です。

例えばスタンダードなソリッドステートアンプはローが固めに出てしまう事が多いのでBrightモードにし、トーンも少し上げ気味にするとローだけ音圧を強く感じるようなことが減ります。

逆に真空管アンプではエフェクターの高域が強すぎるとチリチリとした成分が耳につくような事があるのでFatモードにするかトーンを少し絞り目にすると甘いトーンが得やすいですね。
(アンプの種類にも依るのであくまで参考としてお考えください)

筐体も伝統を継承しながらflyingteapotらしいエッセンスを加えた新たな筐体を設計しました。新しいスタンダードラインとしてこの筐体を使ったペダルをいくつか計画しています。

また初回ロットに関しては購入時にLEDのカラー指定が可能です。

ぜひ自分のお気に入りの1台をゲットしてください!

(オーダー時の備考欄に希望のカラーを記載してください)

LEDカラー表

単色
①オレンジ(標準)
②ピンク
③アカ
④アオ
⑤ミドリ

2色
⑥サンセット(オレンジ〜ピンク)
⑦ネオン(アカ〜アオ)
⑧パッション(アカ〜ミドリ)

(LEDの個体差により色合いにバラつきがありますご了承ください)

flying teapot
flying teapot(フライングティーポット)
「20代の若き天才」と呼び声の高いハンドメイド・エフェクターブランド「flying teapot(フライングティーポット)」。福島の工房を拠点に、設計から制作まですべて1人の職人により行われています。
お探しのディストーションは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら