flying teapot / 59 pre amp【プリアンプ】

flying teapot / 59 pre amp【プリアンプ】
メールマガジン『エフェクターのことばかり!』 無料登録はこちら

衝撃的なリアル”4input”プリアンプ!

59 preamp(ゴーキュウプリアンプ、fifty-nine preamp、略59pre)はPlexi系サウンドを再現したプリアンプ系エフェクトペダル。基本的には2inputのプリアンプだが、1つのinputをチャンネルリンクで2つのinputに入れることが出来る。

最近プレキシ系のペダルは多く作られていますが、その多くはハイゲイン系の改造プレキシ系ばかりが目立つ。59 preampはそれらとは異なり、初期のビンテージモデルのようなクリーン~クランチサウンドを狙って作られている。

何よりも特徴的なのは、実機を模した4input仕様だ。実際のアンプと同じ仕様になっており、左右で独立した入力、上下でハイインピーダンス、ローインピーダンスの選択が可能。また、4つ穴プレキシアンプの代名詞とも言える襷掛けによるチャンネルリンクも可能となっている。

CH1は高域寄りの、CH2は低域寄りのチャンネルになっており、リンクさせることでそれぞれの帯域をバランス良く押し出すことが可能。回路はFETを用いたディスクリート仕様となっており、ピッキングやギターのVolにかなり敏感なスピード感のあるサウンドになっている。

また外側にはトーレックス、トップには真鍮をエッチング加工したプレートを貼っており高級感ある見た目に仕上げている。

ご購入はこちらから
ブランド名:flying teapot
カテゴリー:プリアンプ
参考市場価格:¥33,000 (2020/07/04 11:48:34時点 楽天市場調べ-詳細)
Amazonで探す
Amazonで探す
楽天市場で探す
楽天市場で探す
Yahoo!で探す
Yahoo!で探す
※掲載の価格は参考値となります。実際の販売価格はリンク先の各ショップにてご確認いただきますようお願いいたします。
こちらもおすすめ!
flying teapot
flying teapot(フライングティーポット)
「20代の若き天才」と呼び声の高いハンドメイド・エフェクターブランド「flying teapot(フライングティーポット)」。福島の工房を拠点に、設計から制作まですべて1人の職人により行われています。
flying teapotの一覧を見る
お探しのプリアンプは見つかりましたか?
人気のプリアンプを見る
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら
このページをSNSでみんなにシェア
[PR]

このページを見た人はこちらのエフェクターもチェックしています

'
おすすめページ
人気のエフェクターブランド
エフェクターブランド一覧はこちら
エフェクターの種類から探す
歪み系
モジュレーション系
空間系(残響系)
フィルター系
ダイナミクス系
マルチエフェクター
アンプ系
ハーモニー系
ボリューム系
回路系
その他エフェクター
楽器別エフェクター
アクセサリー・その他

プリアンプカテゴリの新掲載エフェクター