flying teapot / 59 pre amp【プリアンプ】

flying teapot / 59 pre amp【プリアンプ】

衝撃的なリアル”4input”プリアンプ!

59 preamp(ゴーキュウプリアンプ、fifty-nine preamp、略59pre)はPlexi系サウンドを再現したプリアンプ系エフェクトペダル。基本的には2inputのプリアンプだが、1つのinputをチャンネルリンクで2つのinputに入れることが出来る。

最近プレキシ系のペダルは多く作られていますが、その多くはハイゲイン系の改造プレキシ系ばかりが目立つ。59 preampはそれらとは異なり、初期のビンテージモデルのようなクリーン~クランチサウンドを狙って作られている。

何よりも特徴的なのは、実機を模した4input仕様だ。実際のアンプと同じ仕様になっており、左右で独立した入力、上下でハイインピーダンス、ローインピーダンスの選択が可能。また、4つ穴プレキシアンプの代名詞とも言える襷掛けによるチャンネルリンクも可能となっている。

CH1は高域寄りの、CH2は低域寄りのチャンネルになっており、リンクさせることでそれぞれの帯域をバランス良く押し出すことが可能。回路はFETを用いたディスクリート仕様となっており、ピッキングやギターのVolにかなり敏感なスピード感のあるサウンドになっている。

また外側にはトーレックス、トップには真鍮をエッチング加工したプレートを貼っており高級感ある見た目に仕上げている。

プリアンプカテゴリの最新記事