AREA51 エリア51 / FUZZ【ファズ】

AREA51 エリア51 / FUZZ【ファズ】
メールマガジン『エフェクターのことばかり!』 無料登録はこちら
AREA51 エリア51 / FUZZ【ファズ】

純粋に、そしてストイックに初期の「ゲルマニウムファズサウンド」を求めたこのファズペダル。

「ファズペダル」を語る上で欠かすことの出来ない存在「ファズフェイス」。60年代に英国で登場したそのユニークな外観をもつファズペダルは、多くのギタリストを虜にし、当時を代表するサウンドキャラクターの一つとなりました。

時は流れて、2004年のアメリカ。Area51の工房では、あるミュージシャンの所有するオリジナルのシルバーファズフェイスのリペアが行われていました。

60年代に製作された初期のファズフェイスには、(非常に有名な事実ですが)、ゲルマニウムトランジスタが使われており、現在主流のシリコントランジスタとは違った、独特の音色を作り出します。しかし、ゲルマニウムトランジスタはその特性上、温度や湿度によって必ずしも理想的な動きをするとはかぎりません。

対して、シリコントランジスタは非常に安定しており、温度や湿度の変化にも強いという特性があります。そこで、Area51は考えました。非常に安定したシリコントランジスタを使って、ゲルマニウムトランジスタのファズフェイスが持つサウンドを作り出すことは出来ないか、と。Area51は、これまでエフェクターのみならず、真空管アンプやクラシックワウを製作してきました。

しかし、このファズペダルが完成するまでには、回路と音を知り尽くしたArea51でさえ、4年の歳月を要したのです。その結果、誕生したのがこの、「Area51 FUZZ」です。

純粋に、そしてストイックに初期の「ゲルマニウムファズサウンド」を求めたこのペダルは、シンプルに「FUZZ」と名付けられ、一切の装飾を廃して必要なことだけが書かれた筐体に納められました。しかし、このホワイトボディの中に収まっているのは、間違いなく「怪物」です。

単純にファズフェイスの回路の定数を変更して、シリコントランジスタを搭載する、というような小手先の真似はなされていません。常に安定して、求めるサウンドを作り出す・・・その信念で一から回路設計を行い、果てのない試行錯誤の繰り返しが産んだ結晶・・・それが、『Area51 FUZZ』なのです。

ご購入はこちらから
ブランド名:AREA51
カテゴリー:ファズ
参考市場価格:¥28,067 (2020/05/31 22:28:33時点 Amazon調べ-詳細)
Amazonで探す
Amazonで探す
楽天市場で探す
楽天市場で探す
Yahoo!で探す
Yahoo!で探す
※掲載の価格は参考値となります。実際の販売価格はリンク先の各ショップにてご確認いただきますようお願いいたします。
AREA51
AREA51(エリア51)はアメリカ、ミシガン州のブティックアンプやエフェクトを製作しているブランド。 ツィードアンプのクローンでも有名なアンプブランド「Kendrick Amp」の元エンジニアが立ち上げたブランドで、アメリカでUFOが多数目撃されるという空軍基地「エリア51」の名前にふさわしい魅惑のアイテムを製作しています。
AREA51の一覧を見る
お探しのファズは見つかりましたか?
人気のファズを見る
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら
このページをSNSでみんなにシェア
[PR]

このページを見た人はこちらのエフェクターもチェックしています

'
おすすめページ
人気のエフェクターブランド
エフェクターブランド一覧はこちら
エフェクターの種類から探す
歪み系
モジュレーション系
空間系(残響系)
フィルター系
ダイナミクス系
マルチエフェクター
アンプ系
ハーモニー系
ボリューム系
回路系
その他エフェクター
楽器別エフェクター
アクセサリー・その他

ファズカテゴリの新掲載エフェクター