Alexander Pedals アレキサンダーペダルズ / Colour Theory【モジュレーション系マルチエフェクター】

万能のステップ・シーケンサーとパワフルなエフェクト・プロセッサの組み合わせ

Alexander Pedals (アレクサンダー・ペダルズ) 「Colour Theory (カラー・セオリー) 」は、万能のステップ・シーケンサー (最大8ステップ) とパワフルなエフェクト・プロセッサの組み合わせにより、ラック式のシンセサイザー以外ではほぼ耳にすることのない、リズミカルなコンビネーションを生み出します。

選択したエフェクト・モードにおいて、それぞれのステップに異なるエフェクト・パラメータをあらかじめ設定することで、シーケンスの動作とともにエフェクト・パラメータが自動的に変化します。
例えば「OSCモード」では一続きの風変わりなフレーズを演奏し、「FLTモード」ではフィルターをオープン/クローズするように設定できます。

また、選択したモードにお好みの調整をしたパラメーターを本体に4つまでユーザー・プリセットできます。
拡張機能として先進的な32ビットマイクロ・コントローラーを採用し、マルチ端子は別売のNEOフットスイッチやエクスプレッション・ペダル、MIDI機器の接続に対応しています。

1台で6つのエフェクトモードを搭載

●PIT:シーケンス動作するピッチ・シフター。1オクターヴ下と1オクターヴ上の間であれば、どの音程差のハーモニーまたはピッチ・シフトを生み出すことも可能です。エフェクト信号の音程およびトーンをシーケンス動作できます
●MOD:シーケンス動作するデジタル・タイム・モジュレーション。0~300msの範囲で、ディレイ・タイムとフィードバックの両方をシーケンス動作可能です
●FLT:シーケンス動作するレゾナント・フィルター。極端な設定にするととてもワイルドな効果が得られます。フィルターフリーケンシーおよびレゾナンスがシーケンス可能です
●TRM:シーケンス動作可能なトレモロ。トレモロ・レートおよびウェーブ・シェイプがシーケンス可能です
●OSC:シーケンス動作するシンセサイザー・オシレーター。2オクターブの音程の範囲内で、普通のスケールにはない半音と半音の間の音も使用可能です。オシレーター・ピッチおよびオシレーター・ウェーブがシーケンス可能です
●PWM:シーケンス動作するシンセサイザー・オクターヴ・エフェクト。このモードでは、PWM (=パルス幅変調) オクターヴおよびPWMモジュレーションがシーケンス可能です

Spec

■モデル名: Colour Theory (カラー・セオリー)
■コントロール: RATE / EXT CTL, STEP / VALUE, MIX / AMOUNT(LEVEL), LAG / TWEAK
■スイッチ: TAP / DIVISION×1, BYPASS×1
■入出力端子: Input, Output, Multi, DC In
■電源: 9VDC (別売パワー・サプライ)
■消費電流: 80mA
■サイズ(最大外形寸法): H60 × L122 × W74mm
■重量: 約287g

Alexander Pedals
Alexander Pedalsは、アメリカ、ノースカロライナ州ガーナーにてハンドクラフテッドペダルを制作しています。1台1台、丁寧に制作と調整を行っています。 Alexander Pedalsは、2つの理由で設立されました。1つは“Great Tone”、そしてもう1つは“Good”です。“Great Tone”は、Alexander Pedalsのアイディアを具現化するため。そして“Good”については、チャリティとして全てのペダルの売上の一部を寄付するためです。
お探しの空間系・モジュレーション系マルチエフェクターは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら