MENU

種類から探す

\ECB山中です/

<おかげさまで10周年!>
世界のエフェクターが大集合!!エフェクター専門サイト 『EFFECTOR COLLECTION BOX』 は音楽と楽器、エフェクターを愛する人々が集まる場所。そしてStomper(エフェクター好きの人たち)がワクワクするウェブサービスを目指して日々更新をしています!
プロフィールをもっと見る>>

無料メルマガ『エフェクターのことばかり!

3Leaf Audio スリーリーフオーディオ Wonderlove v2 ワンダーラブブイツー【エンベロープフィルター】

スティーヴィー・ワンダーのサウンドにインスパイアを受けたのがWonderloveの始まりです。

3Leaf Audioが求め続ける、究極のエンヴェロープフィルターの探求。Wonderlove v2が、さらにその歩みを推し進めました。

想像力が及ぶ限りのフィルタートーンを作り出すことができるダイナミックなエンヴェロープフィルターです。多彩なコントロールを備えながらも簡単に操作することが可能です。

名曲”Higher Ground”で有名なスティーヴィー・ワンダーのサウンドにインスパイアを受けたのがWonderloveの始まりです。

どこまでも深く、よりウェットで過激なフィルターを実現し、クラシックなフィルターと現代的なフィルターサウンドの両方を1台で作り出す事が出来ます。

単に機能が多いだけのフィルターではありません。エンヴェロープフィルターはタッチやヴォリュームコントロールに敏感に反応し、追従することで楽曲に豊かな表情を与えます。そのため、エンヴェロープフィルターは楽器から直接接続することが望ましいと言われます。
しかしフィルターの前にエフェクトを接続したい場合もあります。そのため、Wonderlove v2にはエフェクトループがあります。
Wonderlove v2はインプットシグナルに反応してエンヴェロープフィルターを動かします。しかし、そのフィルターはエフェクトループのReturnの後にかかります。つまりエフェクトループに接続されたエフェクトを通した後でフィルターがかかります。
フィルターの動きはインプットシグナルに対して反応するため、フィルターの前に別のエフェクトを入れてもレスポンスが鈍ったりフィルターが動かなくなったりすることもありません。

また、エクスプレッションペダルを繋ぐことで、ワウペダルのように操作することも可能。エクスプレッションペダルを接続したまま、フットスイッチでフィルターのスウィープソースをペダルとエンヴェロープで切り替え可能。

フットスイッチはソフトスイッチタイプで、リレーバイパス回路を採用しています。これによりオンオフ切替時のポップノイズを防止するだけでなく、突然電源が供給されなくなっても自動的にバイパスに切り替わり、音を出し続ける事が可能です。バイパスモードをトゥルーバイパスとバッファードバイパスから選択することもできます。
トゥルーバイパス設定では本体のフィルターエフェクトと共にエフェクトルームもまとめてON/OFF切替えができます。バッファードバイパスではフィルターエフェクトのみをON/OFFで切替えます。

ペダルボードをすっきりとまとめあげるため、全てのジャックを奥に配置するトップマウンテッドとしました。

Wonderlove v2はセンターマイナスDC9~18Vで駆動します。

3Leaf Audio
3Leaf Audio(スリーリーフオーディオ)
3Leaf Audio(スリーリーフオーディオ)は、アメリカ・シアトルで、ミュージシャンでもあるビルダーにより2008年に設立されました。全てのペダルはハンドメイドで制作されており、特にエンヴェロープフィルターを専門的に開発しています。 3Leaf Audioのエフェクターは、全てライブやレコーディングで実際に使用されることを想定して作られており、電気的な理論よりも、実際に「耳で」設計されています。このアプローチで設計されるエフェクターは、プロ・アマチュア問わず、世界中のプレイヤーから絶賛されています。
お探しのオートワウ・エンベロープフィルターは見つかりましたか?
こちらのページの感想を教えてください。

役にたったもっと情報を増やして欲しいリンク切れや画像が表示されていないページ情報に誤りや問題がある

誤っている場所、追加して欲しい内容など、ご意見をお書き添えいただけますと幸いです。


皆さまからのご意見ご要望をお待ちしております!
「EFFECTOR COLLECTION BOX」では、エフェクター好きの皆さまにご満足いただけるようなサイト作りを目指しています。「こんなページにしてほしい」「こんな情報がほしい」などのご要望や、お気付きの点がございましたら、どのようなことでも結構ですのでご遠慮なくお申し付けください。
→お問い合わせフォームはこちら